10/31(月)

横浜で、87歳の男が運転する自動車が小学生を死に至らしめた、という事件があった。

なんでも、その男に認知症の疑いがあって、検査をすることになっているらしい。

くだんの男性は、事故当時の記憶が曖昧で、ブレーキを踏んだと主張しているが、実際にはブレーキ痕が残っていないようだ。

なぜ現場を走っていたのかもわからないというから、もしそれが事実だとしたら、相当に危なかっしい状態であった。

何よりも、87歳という高齢は、正常な運転が難しいというリスクがあってもおかしくない。

実家の父は、80歳の時点で、免許を返納した。

最近では、自主的に免許を返すと、タクシー代の減免とか、いろいろの特典が与えられる。

いっそ、一定の年齢になれば、法律で運転を認めない措置をとってもいいのではないか。

お酒を飲んでいるときは、一律に運転は禁止されている。

酒の強い弱いは非常に個人差があって、缶ビール1本で酩酊しまう人もいるのに、中には、一升瓶を軽く空けて平気だという人もいる。

だからといって、行政が、その人のお酒の強い弱いを見極めて、飲酒時の運転を認めるか認めないかを判断するのは実務的に不可能だろう。

だから、例外なく一律に、法律で飲酒運転は禁止しているのだ。

これはやむを得ない。

同様に、ある年齢に達したら運転を禁止にする措置を設けることは、決して不合理ではないと思う。

「人権」は大事な問題であるが、かといって、大きなリスクが考えられる事柄の前に、過度に人権を主張するのは明らかに間違っている。

車の自動運転システムが確立されるまでは、ある年齢で運転を禁止するとの法的処置は避けられないと私は思う。

 
スポンサーサイト
21 : 45 : 17 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

10/30(日)

今日は、孫娘の幼稚園のバザーがあって、わが家も事実上の総動員となった。

幼稚園付近は、当然のことながら駐車・駐輪は禁止なので、朝一番に、私が車で送っていった。

後で娘夫婦から聞いた話だが、親の手伝いもかなり力仕事を要求されたようで、思わぬ汗をかいたらしい。

娘夫婦も、バザーが終わったあとは、わが家に来てしばらく横になっていたほどである。

なんでも、会場の設営もプランを幼稚園が作ったが、実際の準備や進行、撤去は、すべて親が行う段取りになっていたらしい。

だから、スーツを着たお父さんがブルーシートを巻いたり、椅子を4脚ずつ持って後片付けをするなど、思いもよらない展開があったようだ。

そういった苦労を知らず、孫娘はバザーで買ってきたものを、にこにこしながら、私に見せてくれた。

面白かったのは、孫娘が気に入って買ったネックレスは、実は、母(つまり、私の娘)の手作りのものであった、ということ。

さすがに、自分の娘の好みについてはちゃんと心得ていて、その思いのもとにネックレスを作った、ということになる。

まるで、オーヘンリーの小説の題材になりそうな話ではないか。

ほのぼのとした秋の一日であった。

 
20 : 56 : 58 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

10/29(土)

朝、散歩ついでにスーパーで買い物をした。

店内のアナウンスで、
「本日は足元の悪いところ・・・・・」
と流れていた。

今日は、当地は朝から秋晴れの好天であったのだが・・。

昨日が雨であったので、おそらくは、その設定をそのまま変更していなかったのだろう。

もちろん、実害は全くないので、そのまま聞き流した。

実は、朝から、私は今晩の日本シリーズのことが気になっていたのである。

厳密に言えば、金曜日の晩からであった。

今日の私の予定は、午後6時半からのシリーズの実況中継に合わせて、すべて組んだほどである。

8回表の日ハムの攻撃が、結局は、試合を決めてしまった。

しかも、ツーアウトランナー無しの状態からの6点である。

さらに言えば、相手投手にもタイムリーヒットを打たれたのである。

おそらく、この時点で広島の緊張の糸は、完全に切れてしまったのではないか。

いずれにせよ、今年のプロ野球は日ハムの日本シリーズ制覇で終わった。

栗山監督の頭の良さが日本一に輝いた理由かもしれないと、このシリーズを見ていて思った。

 
22 : 49 : 45 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

10/28(金)

今日、取引先から受け取ったメールにpdfファイルが添付されていた。

そして、パスワードがつけられており、そのパスワードについては、すぐ後から、別のメールで送られてきた。

いつからこの手法がスタンダードになったのか知らないが、昨今は、当たり前のようにこの流儀が通用している。

おそらくは、最初は、万が一の誤送信対策として、パスワードを付けるようになったのだと思う。

ただ、パスワードを同じメールのい中に書いていたのでは、すぐにバレてしまう。

そこで、別便で送るようにしたのだろう。

ただ、同じアドレス宛に、パスワードを書いたメールを送っていたのでは、全く意味がない。

相手の人が、他にもメールアドレスを持っているのであれば、そこにパスワードを打って送る、というのなら趣旨はわかるが。

あるいは、FAXでパスワードだけを送るとか。

実は、今日は、その手のメールが2社から来た。

もちろん、私が何らかの迷惑をこうむったわけではないので、目くじらを立てるわけではないが、このスタイルはナンセンスだと思う。

そういえば、いっとき、豊洲市場の問題で、「環境基準の4割のヒ素」というのが大問題になったことがあった。

しかし、上限値の半分にも達していないのだから、十分に合格していることになり、何の問題もないはずである。

なぜ、これで大騒ぎになったのか、いまだに理解に苦しむ。

さすがに、最近は「環境基準の4割のヒ素」の問題については、全く取り上げなくなった。

問題にする必然性がないことに気がついたのか。

添付ファイルのパスワードを、同じメールアドレス宛に送るというのも、同様だと思う。

世の中には、意味不明なことがしばしばある。
 
21 : 14 : 54 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

『「えたぼう&カープ女子」プロモーション動画(秋) 江田島のオリーブとサツマイモの大収穫祭』

江田島と言えば、かつては大本営が置かれていた軍都でありました。
年配の人には、そんなイメージが色濃く残っているに違いありません。
江田島市地域資源活用委員会は、江田島市が持っている魅力をPRするために、カープ女子会とコラボして、江田島プロモーション動画『「えたぼう&カープ女子」プロモーション動画(秋)江田島のオリーブとサツマイモの大収穫祭を、11月28日(月)より、江田島市商工会ホームページにて公開することとなりました。
江田島市では、オリーブを新しい地域の特産品として取り上げ、地域おこしにつなげようというものです。
また、せっかくの農地が全く使われていない現状を打開するために、サツマイモを栽培しているのです。
今回の動画は、かなりコミカルタッチに作られていますので、楽しさいっぱいです。
とにかく、えたぼうという江田島市地域資源活用委員会のマスコットキャラクターが、あろうことかカープ女子をとことん働かせるのです。
江田島の魅力があふれんばかりの動画です。
カープ女子ならずとも、惹かれるものを感じるはずです。

江田島プロモーション動画『「えたぼう&カープ女子」プロモーション動画(秋) 江田島のオリーブとサツマイモの大収穫祭』の公開について

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
14 : 16 : 06 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

10/27(木)

月初めから当社に来ていた中国人学生が、今日でインターンを終えて、帰国することとなった。

当社の中国における有望得意先の経営者のお嬢さんなので、失礼な対応ができないのはもちろんであるが、同時に、当社の何を教えるのかが大きな悩みであった。

同じ業界なので、原価や得意先名などが筒抜けになっては困る、という懸念からである。

だから、彼女には失礼なのだが、事務処理的な仕事をやってもらうしかなかったようだ。

ここだけの話だが、あくまでもお取引先の娘さんという形で、インターン受け入れをさせてもらったのが偽らざるところである。

だから、滞在しているホテルからの送り迎えは、すべて当社の社員が行った。

ホテルの朝食は朝の7時からなので、急いで食べてすぐに車で走っても、会社に着くのは8時を回り、すでに皆が仕事をしている状態である。

そのあたり、日本人と違って、彼女も全く気にしていないようで、こちらも救われた。

もっとも、彼女にしても、日本に行くということが趣旨であって、仕事について学ぶなんてことは、望んでいなかったと思う。

彼女と会話をしたのは、初めての出社の日と、最後の日の今日だけである。

私の狭い範囲で認識していた漢民族とは、全く、異なるパーソナリティーである。

とにかく、無口で温厚なのである。

相手の意向にかかわらずしゃべりまくることは決してない。

私が何かを言うと、しっかりと耳を傾け、必要最低限の返事をするのである。

単なる雑談レベルの話であれば、にこっと笑顔を見せて返事にかえることもあった。

そういった意味では、非常に日本人的な女性であった。

明日の便で中国に帰るのだが、3週間で、日本に対する印象が少しでもプラスになっているようであれば、それに越したことはない。

 
21 : 09 : 47 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

10/26(水)

大阪の北部にできた立命館大学のいばらきキャンパスに行ってきた。

少し早めに着いたので、しばらく、キャンパスの中を見学させてもらった。

話には聞いていたが、飲食店の多いことには驚いた。

しかも、見るからに高級感あふれるレストランもある。

生協の食堂でも、立派な外観を誇っているから驚きだ。

食事はしなかったので、味とか値段はわからないが、おそらくどこに出しても見劣りしないものなんだろう。

入っている客も、明らかに学生ではないと一目瞭然に分かる人も少なくない。

たぶん、近所の人もかなり来ているのだと思う。

車で行ったのが、事前に、有料の駐車場しかないことは知らされていた。

キャンパス内の駐車場は30分で400円というから、大阪市内並みの高料金である。

学校の前のタイムズが、30分100円であったので、そこに止めた。

大きな差である。

ちなみに、出庫のときの様子を見ていたら、ほとんどの人が、領収証を受け取っていた。

ということは、会社から仕事の関係で来ている車が多いのだろう。

午後4時頃の時間帯でありながら、なぜか、学生とおぼしき姿はあまり見かけなかった。

教室で講義を受けているのかもしれないが、主役の存在感が薄いような気がしてならない。



>IMG_1764.jpg
>
21 : 22 : 32 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

10/25(火)

元女優で、医療用大麻の解禁を訴えて選挙にも出た人が、大麻所持の疑いで逮捕された。

もちろん、現行法では大麻の所持や使用などは禁止されている。

彼女が本当に大麻を持っていたのであれば、それは法律に基づいて処罰されなければならない。

ただ、大麻は、人体への有害度はタバコよりもはるかに少なく、依存性もコーヒーほどはなく、そればかりか、医療面でガン治療や認知症予防への効果が期待される部分もあると聞いている。

覚せい剤とは、全く違う。

もし大麻の医療面での効果が実証されれば、それこそ人類への大きな福音になるのではないか。

とりわけ、日本のように超高齢社会を目の前に控えた国では、認知症予防というのは重要な課題である。

そんな可能性を持ったものを画一的に禁止してしまうのは、あまりに短絡的ではないかと思う。

彼女が主張していたように、医療用大麻の範囲に限っては、特例的に研究を認めることができないものか。

嗜好品としての大麻の話は別として。

 
21 : 17 : 15 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

「キャッチモップ すき間お掃除セット」12月上旬販売開始

掃除をするときは、髪の毛や綿ぼこりなど、取り逃してしまうことがあります。
小さくて見えにくいですし、普通のモップや雑巾ではとりにくのも事実です。
そんなとき、マイクロファイバークロスが大いに役に立つのです。
株式会社スマートライフソリューションズは、12月上旬より、マイクロファイバークロス素材のお掃除用品パッケージ「キャッチモップ すき間お掃除セット」と「キャッチモップ お掃除スリッパセット」を、日本国内で販売することとなりました。
同社は、アメリカNO.1ブランドの掃除機「Dirt Devil」の販売を日本で展開していることで知られています。
今回の「キャッチモップ」は、今までのマイクロファイバー素材の毛先に一層の加工を行って、以前の製品より増して、磨き傷の防止や髪の毛などの細かなゴミを、吸い取りやすくした商品です。
さらに、マイクロファイバー素材の利点を活かしながら、より使いやすさを追求した「スリッパ」と「モップ」をセットにして、
「キャッチモップ すき間お掃除セット」として提供しています。
これがあれば、掃除の効率がよくなるのは当然、楽しさも増してくるというものです。
「キャッチモップ」は、掃除の革命児と言っても過言ではありません。

進化したマイクロファイバークロスが機能性を図ったスタイルで新登場「キャッチモップ すき間お掃除セット」「キャッチモップ お掃除スリッパセット」12月上旬販売開始

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
15 : 55 : 49 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

10/24(月)

昨日、宇都宮で爆発事件があった。

まだ、事実関係がはっきりしていないが、どうやら、自殺のために爆発装置を自分で作って思いを遂げようとしたようだ。

しかし、迷惑千万な話である。

この爆発に巻き込まれて、大怪我をした人もいる。

もしやテロではないかと、多くの人を不安に陥れた。

誰にも迷惑をかけない自殺の仕方なんて、そうあるものではない。

鉄道自殺をすると、運転士にしてみれば、一生、自責の念に駆られるだろう。

それに、その電車に乗るはずの人の予定を大きく狂わせる。

首をつると、それが賃貸の部屋であれば、事故物件となって入居希望が激減する。

そもそも、自分で自分の命を終えるなんて、そのこと自体が罪ではないか。

小林麻央さんなんて、なんとしても生きたいとの思いで一杯だ。

しかも、それは自分のためではなく、夫や子供たちのために生き抜きたいと叫んでいるのである。

みずから命を絶とうと考えている人は、彼女のブログを読んでみてはどうか。

死だけが結論ではないと思う。

 
21 : 31 : 58 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑



レビューブログ様からの情報に基づきまして、記事を書かせていただきました。

冷たい風が吹く冬ですが、ある意味、ファッションの花開く季節でもあります。
特に毛皮をうまく着こなせば、他の季節では楽しめないファッションを身にまとうことができるのです。
フォーマルなシーンであっても、また朝晩にかかわらず、ファーを着用できます。
この写真や動画をご覧になれば、ファー多様性はご理解いただけるに違いありません。

国際毛皮連盟は、グローバルキャンペーン「FUR NOW 2016」を展開しています。
「FUR NOW2016」では、グラマラス、トレンディー、カジュアル、スポーティーの4つのテーマごと、著名ブランドとコラボしたファーファッションが大胆に提案されています。
見ているだけでも豪華感が炸裂しています。
ファーの持つ可能性の大きさに、あらためて気がつきました。
国際毛皮連盟の「FUR NOW2016」は大きな話題を呼んでいます。



ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

15 : 44 : 21 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

10/23(日)

今日は、10月の第四日曜日に当たる。

今日の今日まで知らなかったのだが、10月の第4日曜日というのは、『義母の日』とされているらしい。

アメリカの慣習で、義母にささやかなプレゼントをする日だという。

『母の日』が5月の第二日曜日だというのはもちろん知っていたが、『義母の日』は初耳である。

おそらく、日本では全く普及していないのではないか。

さすがのWikiにも『義母の日』の項目はない。

あえて『義母の日』としなくても、5月の『母の日』で用は足りていると思う。

義母との関係というと、海外での事情はわからないが、日本では、妻の側が夫の母に対して著しく気をつかうようだ。

既婚女性のかたのブログを拝見していると、彼女たちの苦労が手に取るようによくわかる。

義母がダイエット中であることを知らずに甘いお菓子を贈って、後で、夫からぼやかれたとか、商品券を贈ったところ、「子供から親に渡すものではない」と機嫌をこわされたり、善意が裏目に出た、という話はあちこちで読ませていただいた。

なまじ、記念日があるだけに、お互いに不快な思いをするのだから、世の中、皮肉なものである。

 
20 : 49 : 43 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

10/22(土)

日本シリーズが始まった。

日ハムが大谷投手先発ということで、注目度も高かったようだ。

私自身も、彼のピッチングとバッティングを楽しみにしていた。

だから、午後6時半からずっとテレビで観戦をした。

雨にもかかわらず、スタンドを埋め尽くした赤一色の観衆を見ていると、野球人気は決して衰えていないことを実感する。

試合は、予想外の大差で広島東洋カープが圧勝した。

あの赤備えの応援団の迫力に、日ハム選手は呑まれてしまったのかもしれない。

10本のヒットを打ちながら、1点しかとれなかったのは、そのせいか。

ところで、「日本シリーズ」の読み方は、「にほん・・・」と「にっぽん・・・」と2つに分かれている。

アナウンサーや記者は、ほぼ全員が「にっぽん・・・」であるが、解説者や選手は、「にほん・・」が多い。

調べてみると、Wikiには、
 
 ”2000年頃から各報道機関ではなるべく「日本シリーズ」を「にっぽん-」と読むように通達が出ている。”

と書かれている。

要は、テレビやラジオでは、「にっぽん・・・」となるだけのことである。

「日本銀行」も、サイトによると、行内では「にっぽん・・・」で通しているようだが、おそらく、世間では、「にほん・・・」が主流ではないか。

要は、どちらでもいいということなのだろう。

 
22 : 44 : 46 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

10/21(金)

業界の関係の安全大会に行った。

会場に行くときには、近隣の会社の人と乗り合わせてタクシーで行くのが、一種の慣習になっているので、それにならって私もタクシーに乗った。

後部座席の左側に私は座ったのだが、なんと、走りだしてから左側のドアが開いたのである。

スピードが出ていなかったものの、柵のところを少しかすったようだ。

運転手さんがすぐに気がついてドアを閉め、大事には至らなかった。

どうやら、自動ドアを閉じるのを忘れていたようだ。

私も、ドアが確実に閉まったところを確認していなかったが。

プロドライバーでもこんなことがあるのだから驚く。

降りるときにドアを見たら、見てすぐわかるほどのすり傷があった。

おそらく、コンパウンドで処理すれば隠せる程度だと思う。

ただ、運転手さんの受けた自信喪失のダメージは大きかったのではないか。

たぶん、60歳を少し超えたぐらいで、私と変わらないぐらいの年齢のかたであった。

油断大敵という昔ながらの言葉を思い出した次第である。

 
21 : 39 : 05 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

10/20(木)

かかりつけのクリニックに行ってきた。

月に1回、薬をいただくのに合わせて、血圧測定をするためである。

今日は、血液検査もやっていただいた。

毎年、4月には会社で健康診断を受けて、そのときに血液検査をしている。

クリニックの医師のお話では、年に2回の検査が望ましいとおっしゃる。

確かに、半年に1回のチェックをしておけば、かなりの健康対策になることは間違いないと思う。

お金の話をするのは筋違いかもしれないが、4月は会社が負担してくれるし、今回は健康保険が適用される。

ちなみに、今日の血液検査の点数は667点で、その3割だけを負担したのだから、約2,000円で検査を受けることができた、ということになる。

法律で認められた社会保険システムだから、若干の後ろめたさを感じつつも、堂々と利用させてもらった。

血を見れば、健康状態のほぼ全容を把握できるという。

1週間もすれば、結果がでるらしい。

来月のクリニック訪問が楽しみである。
 
21 : 12 : 18 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

10/19(水)

NHKの『ためしてガッテン』で、頻尿対策をやっていた。

実は、私は前立腺肥大症ということもあって、かなりトイレが近い。

夏場はそれほどでもないが、冬場など、頻繁にトイレに走っている。

高血圧治療を兼ねて、α1遮断薬も飲んでいる。

しかし、根本的な治療にはなっていない。

いまでも、厳寒の季節に外に出ていくことには、尋常でないほどの憂鬱を覚える。

『ためしてガッテン』では、泌尿器科の医師が出てきて、
「肛門を5秒間締める」
という体操をすすめていた。

それを1日に何回かするだけで、膀胱がやわらかくなり、頻尿の症状が軽くなるらしい。

筋トレである。

また、出演者から、頻尿がたちまち治った事例のレポートがあった。

なんでも、「我慢する訓練をする」という。

確かに、私も、かかりつけ医から、
「家にいる日には、尿意を我慢する練習をしてください」
と言われたことがあった。

そうすると、尿センサーの判定基準が高くなって、膀胱に相当な量の尿が貯まるまで、反応しなくなるらしい。

無理なく我慢するコツとしては、徐々に時間を伸ばしてくことだと、テレビでは言っていた。

そして、2時間の間隔でトイレに行くようなレベルにまでなれば理想的だと。

また、そのプロセスで尿意がこみあげてきたら、「肛門を締める」運動をするのである。

番組を見ながら、私も、実際にお尻を締めていた。

ただ、健康番組を見ていると、とかく、いろんな体操をやるように言われる。

全部をやっていたら、それはそれで大変である。

いまでも、私は、膝痛対策、腰痛予防、腹式呼吸と3つの体操をやっている。

これ以上、新しい体操が加わっても・・・・。

 
20 : 50 : 56 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

10/18(火)

最近、テレビを見ていて不愉快になるCMがある。

名前は忘れたが、メガネをかけた小さい双子の女の子が出てきて、ナレーターからの質問に、「シリマセーン!」と声を合わせて答えるのである。

1回だけならともかく、それが何度も繰り返される。

このCMの製作者は、どんな意図を持って、このCMを作ったのだろうか。

双子の女の子は、なんでもインスタグラムで50万人のフォロアーを持っているという。

魅力のある子たちなんだろうが、CMの中で、「シリマセーン!」を連呼している姿は、どう見ても小さい大人である。

もちろん、この子たちは何も知らずに、演技をさせられているにすぎない。

彼女らを責める意思は毛頭ない。

ただ、子供を商業主義の世界で利用している大人の姿に、私は嫌悪感を禁じ得ないのである。

いくらなんでもここまですべきではない。

 
20 : 56 : 37 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

「designlugora(でざいんるごら)」に四角型缶バッチが登場!

セールスプロモーションやノベルティーとして、缶バッチが好評です。
多くの場面で利用されています。
そんな缶バッチを製作する伊澤商店は、11月5日より、製作サイト「designlugora(でざいんるごら)」上で、四角型缶バッチを提供しているのです。
とりわけ、四角型缶バッチというのは、丸型に比べて、イラストや写真校正が簡単にできることもあって、多くの団体で使用されています。
四角型ですから、幾つかを組み合わせて新しいデザインのものに仕立てることも可能です。
創造力をフルに発揮して、多彩な作品が出来上がる可能性があります。
そんなクリエイティブな夢を秘めているのが、四角型缶バッチです。
「designlugora(でざいんるごら)」は無限の可能性を教えてくれます。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
09 : 26 : 50 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

10/17(月)

夕飯は、きのう買ったスーパーのおでんであった。

袋から出して、鍋に入れてで温めるだけだから、用意するのは至って楽だ。

このおでんを買ったのは、一つは、「塩分含有量」が少ないからである。

健康のために減塩に励んでいる私にとって、食べ物がどれだけの塩分を含んでいるかは、著しく重要な関心事である。

このおでんは、汁を含んで4.4gと書いてあった。

ということは、汁を飲まなければ、塩分はより少ないことになる。

厚生労働省の目標値としては、1日8.0g/未満とされているので、4.4gなら、仮に出汁を飲んだにしても、半分で収まる。

本当なら食べたいものを食べればいいのだが、やはり健康には留意したい。

だから、無粋な計算もやむを得ないのである。

さて、おでんは、私自身は結婚するまでは、「関東炊き(かんとだき)」と呼んでいた。

実家では両親とも「かんとだき」と言っていたし、日常生活で接する人も「かんとだき」であった。

もちろん、「おでん」という言い方も知っていたが、東京の人が使う言葉だろうと思い込んでいて、疑わなかったのである。

しかし、平成28年の現代、逆に、「かんとだき」なんて表現は大阪でも聞かなくなった。

いまでは、コンビニでも「おでん」で全国共通ではないか。

しかも、事実上、1年を通してずっと売られている。

昔は、「かんとだき」といえば、冬の風物詩であったのだが。

 
image01.jpg

21 : 51 : 13 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

待望の2016-2017シーズンモデルがリリース!

冬ともなると、ウインタースポーツの好きな人には胸をときめかせていることでしょう。
昨今はスノーボードがウインタースポーツとしてsっかり定着しました。
多くの人がスノーボードを楽しんでいます。
それだけに、スノーボード用のファッションへの関心も高まってきたのは、自然な流れかもしれません。
ードスポーツから誕生したライフスタイルスポーツブランドに、KELLAN(ケラン)があります。
KELLANブランドのコンセプトは、PASSION(情熱)とHEALTHY SPIRIT(健全)です。
2016年11月18日より、スノーボードウェアブランドKELLAN(ケラン)の2016-2017シーズンの新作モデルが、オンラインショップにて販売されることとなりました。
下半身の激しい動きにも対応する柔軟性があり、また、ファッショナブルな印象は多くの人の視線を集めるに違いありません。
KELLANスノーボードウェアは、スノーボーダーの心を魅了することでしょう。

スノーボードウェアブランドKELLAN(ケラン)から今シーズン注目の新シルエットを含む、待望の2016-2017シーズンモデルがリリース!


ドリームニュース・ブログメディア参加記事
10 : 30 : 13 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

お財布専用ふとんを読者プレゼント!

金運というのは、ちょっとしたきっかけで巡ってくるものなのです。
パワースポットにお参りしたとか、開運グッズを買っただけで、にわかに金運に恵まれるという話は、世の中には実にたくさんあります。
株式会社才色兼備は、通信販売を展開している会社として知名度を誇っていますが、開運グッズである「高級財布布団(お財布専用ふとん)」を、抽選で2名へプレゼントすることとなりました。
年末ともなると、ジャンボ宝くじもあって、金運を望む人が増えてくるのは間違いありません。
スピリクチュアル&ヒーリングマガジンのアネモネ12月号では、『心身と住まいの断捨離で来年をハッピーに!ネガティブエネルギークレンジング術』と銘打って、多くの開運や金運の手法を紹介しています。
その一環としての読者プレゼントなのです。
プレゼントの応募期間は2016年11月9日~2016年12月9日です。
お財布用ふとんは、大きく金運アップに貢献してくれることでしょう。

<年末ジャンボ宝くじ当選対策?!>スピリクチュアル系情報誌[アネモネ12月号]にてお財布専用ふとんを読者プレゼント!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
20 : 47 : 45 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

10/16(日)

今日は何かと用事が重なり、家から出たり入ったりの繰り返しであった。

本来は、外出から戻ってきたら、まずは手を洗うべきなのだろうが、私はしていない。

単純に面倒くさいというのがその一番の理由である。

それに、スマホを家の中でも肌身はなさず持っているので、頻繁にスマホを触っている。

聞くところによると、スマホは雑菌の宝庫だそうで、衛生状態は著しく悪いという。

だから、食事前は必ず手を洗っている。

考えようによっては、ほかの人がいるときは、食事中にスマホを手元に置いておくだけでも、もしかしたらマナー違反になるかもしれない。

潔癖症の人などは、スマホを見ただけでも、ばい菌がウヨウヨとうごめいている場面を頭に思い浮かべることだろう。

ただ、それを言い出せば、食事中にテレビのCMで新製品のスマホを流すのも好ましくない、ってことになる。

最近はあまり聞かないが、電車のつり革を持っただけで、電車を降りるとすぐに手を洗っていたというきれい好きの人がいた。

しかし、そんな人は、他人が使っているパソコンのキーボードは触れないだろうし、ほかの人が運転している車のハンドルは握れないと思う。

ずっと昔のことだが、手の汚れが気になって、30分以上も洗い続けている人の話を耳にしたことがある。

一種の恐怖症だろう。

物事、何につけても程度というものが大事である。

 
20 : 25 : 47 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

10/15(土)

夕方、車の運転をしているとき、カーラジオのボタンをNHKで押したら、ラジオ英会話をやっていた。

変更しにくいシチュエーションであったので、そのまま聴いていたら、なんと『王子と乞食』をテキストにしていることがわかった。

「乞食」って、放送禁止用語ではないのかと思って、家に帰ってから確認したら、どうやら『王子とこじき』と書けば、問題はないらしい。

あるいは、『王子と少年』という表現にしても、セーフらしい。

おそらく、NHKのテキストには『王子とこじき』とされていたのだろう。

放送禁止用語というのはメディア側の自主規制であるが、現実には、テレビでは、「ホームレス」という呼び方に徹している。

中には、「ホームレスのかた」という表現をするアナウンサーもいて、苦笑を禁じ得ない。

普通に考えて、憲法で定められた勤労の義務を果たしていないので、明らかに違法な存在である。

「ホームレスのかた」という言い方が妥当ならば、「痴漢のかた」「詐欺師のかた」と呼称すべき、ということになる。

なんでも、最近は、「がんばれ」も放送禁止用語になりつつあるらしい。

一般的には、その人の成功を願っての「がんばれ」だと思うのだが、これが、過重労働につながったりするというので、規制を加えていこうという方向にある、という。

確かに、「東北がんばれ」「熊本がんばれ」がメディアであまりに過剰に繰り返されると、その言葉を受け止める人にとっても、大きな心理的負担になることは想像に難くない。

だからといって、「がんばれ」そのものを禁止するなんて、短絡的ではないか。

昨今は、「板前」も放送禁止用語になっているらしい。

しかし、「板前」という言葉のどこが差別なのか、不思議でならない。

 
20 : 51 : 31 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

四季に合わせて選べる4つの寝ごこち TEMPUR 

身も心も快適に過ごすためには、しっかりとした睡眠が必要なことは言うまでもありません。
適切な睡眠をとるには、寝具が重要な意味合いを持っています。
2017年4月に、テンピュール・シーリー・ジャパンは、「TEMPUR Futon All Seasons(テンピュール フトン オールシーズンズ)」を発売することとなりました。
ちょうど、日本の四季に合わせた形で、4つの寝心地を選択することができるというのが大きな特徴です。
「TEMPUR Futon All Seasons」は、3つの層から形成されています。
コンフォート層は身体に優しくフィットし、ウレタン層は的確なサポートをしてくれ、ブリーズ層は湿気を逃がして快適に保ってくれます。
ある意味、非常に贅沢な構造だと言ってもいいかもしれません。
日本の四季に合わせて、そのときどきに快適な睡眠を提供してくれるのです。
まさに革命的なFutonの登場とい言っても決して過言ではりません。
眠りが一層優しくなります。

四季に合わせて選べる4つの寝ごこち TEMPUR Futon All Seasons 2017年4月発売予定。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
15 : 36 : 52 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

10/14(金)

会社の帰りに歯科クリニックに行ってきた。

先週の続きで、下の歯のクリーニングをしていただいた。

お世話になっている歯科衛生士の女性は、年齢不詳である。

黒縁の大きなメガネをかけているところや、物おじしない接し方を見ていると、40歳近いかたかなと思うが、顔つきなどは20歳後半でも十分に通用する。

しかも、顔に皺が全くないのである。

まさか、衛生士の人に、「お幾つですか?」なんて尋ねるわけにもいかない。

今年の3月に初めて通院したときからの疑問である。

それはさておき、今日は、下の歯のクリーニングだけで治療は終わった。

約30分で、最後に支払った金額は800円。

ということは、3割負担なので、1時間換算で約5,000円の作業ということになる。

高いのか安いのかはわからない。

ちなみに、よく行く回転寿司のバイト募集ポスターでは、深夜の時給は1,150円となっていた。

もちろん、単純に横並びでは比較できる話ではない。

次回の検診は、4ヶ月後、つまり来年の2月である。

それまで、少なくとも、私の命は残しておきたい。

 
21 : 56 : 03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

テレビ取材報告/テレビ神奈川

人間の運というのは、ほんのささいなことで大きくアップするものです。
他人を助ける言葉を口にするとか、無償の善行を行うとか、あるいは、開運グッズを身につけるだけでも、大きく運命が好転した例は幾度となく見聞きするところです。
株式会社才色兼備が提供している開運グッズの高級財布布団、お財布専用ふとんが、このたびテレビ神奈川の取材を受け、テレビで紹介されました。
11月5日放送の「あっぱれ!KANAGAWA大行進」です。
取材当日は、お財布専用ふとんを製造している工場に、アナウンサーやタレントが来て、製造の様子などを取材したのです。
お財布布団は大きさは小さいですが、完成させるまでには、人間用の布団を作るのと変わらない手間がかかっていることに、スタッフは一様に驚いていました。
お財布専用ふとんは、今後も開運グッズとして多くの人の心を勇気付けていくことでしょう。


テレビ取材報告/テレビ神奈川

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
10 : 13 : 53 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

10/13(木)

某大手銀行の元副支店長が、外貨取引を悪用して、なんと11億円を詐取していた、という。

不思議な点が二つある。

膨大な金額が無くなっていたのに、税務調査で指摘されるまで銀行側が気がつかなかった、というのが一つ。

なんでも、立場上、行内検査システムの抜け穴を知っていたからというが、それにしても、11億円もの金額が抜けていたら、どこかで気づきそうなものだ。

おかしいなと感じても、副支店長だからというので、言い出しにくかったのだろうか。

それなら、行内検査の意味がない。

まさか、都市銀行で、そんな杜撰な検査をしているとは思えない。

二つ目が、騙しとった金を何に使ったか、という点である。

捕まった時点での残高が5億円であったらしい。

ということは、6億円を使ったことになる。

愛人に貢いだのが1億円で、あとは、子供の教育費とFX投資と、借金の返済。

それで6億円というのは、合点が行かない。

回転寿司をお腹いっぱい食べたぐらいでは、とても使い切れない。

それにしても、桁の違う事件である。

政治家が政務活動費を何十万円かを私的に使った、というのとはスケールが違う。

ところで、銀行側は、元副支店長に対して、詐取した金額の返還請求をするのだろうか?

 
21 : 03 : 06 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

10/12(水)

プロ野球の広島対DeNAの試合を見たいと思ったのだが、どうやら、大阪ではテレビで見ることができないようであきらめた。   

放映権の関係だろうが、日本シリーズ進出を決める緊張感あふれる試合だけに、実況を見たいというニーズは多いのではないか。

そう言えば、4年後の東京オリンピックの日程も、欧米でのテレビ番組の編成がやりやすい7~8月に設定された、と聞いている。

本末転倒もはなはだしい。

選手が最もプレーしやすい秋に開催するほうがいいと、おそらく、普通の人なら誰もが考えると思うのだが、テレビ業界の都合が優先されるのが現実だ。

いろんな利権が絡んでいるからであろう。

しかし、昨今は、若い人のテレビ離れが著しいという。

見たいものがないかららしい。

確かに、ネットの動画でも十分に楽しめる。

むしろ、テレビでやらないジャンルのライブ中継もやるので、ネットのほうが面白いということになる。

今後、Youtubeやニコニコ動画がより進歩すれば、4年後に、テレビでオリンピックを見る人がどれぐらいいるのだろう?

テレビの時代は終わりそうな気がする。

 
21 : 12 : 49 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

10/11(火)

中国人学生が、インターンで私の会社にやってきた。

今月いっぱいの予定である。

彼女は当社の中国でのお得意先の娘さんで、大学で日本語を学んでいる。

だから、テレビのニュースを見ていても、新聞を読んでも、ちゃんと理解できる、という。

昨日は、会社の連中に、京都に案内されたらしい。

清水寺にも行き、
「清水の舞台から飛び降りる」
という日本語での言い回しを教えてもらって、
「ここは自殺する人が多いんですか?」
と質問して、一同が大笑いになった、とのこと。

日本語を学びたいと思った動機は、日本のアニメが好きだったから、という。

『セーラームーン』の中の
「月にかわってお仕置きよ!」
が大好きだった、と。

国家をあげて国民を反日洗脳している国であっても、日本の漫画の魅力の前には無力になってしまうようだ。

もしかしたら、『ワンピース』や『ドラえもん』は国防上の重要な兵器になるかもしれない。

これだと、違憲だ!と、ヒステリックに叩かれることもないだろう。

われながら、妙案だと思う。

 
21 : 45 : 25 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

企業向けシグフォックスデバイスの試験提供を開始します

DreamNews
今日のイチオシDreamNews


アイ・サイナップは、IoT専用ネットワーク「SIGFOX(シグフォックス)」に対応したデバイスに事業参入 し、2017年2月から企業向けシグフォックスデバイスの試験提供を開始します。 アイ・サイナップ株式会社


09 : 57 : 12 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

声なき声

Author:声なき声
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Admax

忍者