11/30(月)

昨日の晩から、ブログパーツの『おきてがみ』 が不調である。

おそらく、参加者が増え過ぎて、キャパをこえてしまったのではないか。

私は、かつての『足跡』が閉鎖されたので、『おきてがみ』に移ってきたのだが、もしかしたら、こちらも終わりかもしれない。

ほかの機能を探すか、あるいは、FC2ブログのコメント欄を受け付けるようにするか、今、考えているところである。

『おきてがみ』で知り合った人も少なくないので、気持ちの上では本当に後ろ髪を引かれる思いそのものである。

しかし、仮に今回の不具合をクリアしても、いつなんどき、同じようなエラーを起こすことかわからない。

無料で使わせてもらっているツールだけに、ユーザー側も文句が言いにくいのが現実だ。

むしろ、今まで、タダで利用させてもらったことを感謝すべきかもしれない。

 
スポンサーサイト
19 : 55 : 26 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

11/29(日)

朝の散歩中、ずっと気がかりになっているスポットがある。

市の管理している公園に時計があるのだが、ずっと「故障中」の貼り紙がされたまま、放置されている。

私がその貼り紙に気付いたのは、昨年か今年の寒い時期であった。

だから、約1年ということになる。

しかし、その間に、修理をするか、新しいものに置き換えるか、あるいは、廃棄してしまう、といういずれかの選択ができたはずである。

どれも、さほど経費も手間もかからないと思うのだが。

貼り紙がしてあるということは、事実関係は把握しているはずなのだから、すぐに決めて行動すればいいだけのことである。

私のような人間でも、あまりにだらしないと感じている。


20151129.jpg


16 : 08 : 42 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

11/28(土)

いつも使っている電波時計の調子が、2、3カ月前から、思わしくない。

現在の時刻の表示エラーや、目覚まし機能がきかないなど、エラーが続出してきた。

取扱説明書を引っ張り出してきて読んでみたら、
「電池は1年が経過した時点で必ず交換してください」
と書いてある。

まさかとは思いつつ、新しい電池に替えたら、トラブルはきれいに雲散霧消した。

たぶん、3年以上は使い続けていたのではないか。

メーカーに電話しなくてよかったと、胸をなでおろした。

恥をかくところであった。

結局は、電池がなかったから発生した不具合にすぎない。

私にとっては、時計は大事な存在で、年齢の関係で、夜中に何回も目が覚めるが、そのときに必ず時刻の確認をする。

そして、明け方の4時を過ぎていたら、その時点が起床タイムにしている。

逆に言えば、朝の4時に到達していなければ、あと一眠りして、定時の5時に起きる。

その判断のために、枕元の時計は大切な存在だ。

今後は、年末に、電池を新しく入れ替えることをルール化していこうと考えている。

 
19 : 25 : 40 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

PRマーケティングbeausが化粧品・健康食品の「海外進出支援サービス」を開始

DreamNews
今日のイチオシDreamNews


PRマーケティングbeausが化粧品・健康食品の「海外進出支援サービス」を開始2月18日「ビューズグローバルセミナー」開催決定! 株式会社ビューズ



13 : 58 : 11 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

11/27(金)

栃木県で、糖尿病を患っている子供に、インスリン治療を禁止して、ハンバーガーを食べさせた祈祷師が逮捕された。

その祈祷師の逮捕は当然としても、親が不審に思わなかったことが不思議である。

糖尿病だと、インスリン治療は常識であり、ハンバーガーのような脂っこいものはできるだけ控えるようにするのも、当たり前の話である。

親として、「藁にもすがりたい」思いは理解できるが、あまりに非科学的であれば、それは拒否すべきであったろう。

先日、ガンで亡くなった川島なお美さんは、怪しげな民間療法や、昨今、何かと話題のガン治療を否定している医師のセカンドオピニオンを受けていたことは、よく知られている。

川島さんにしても、現代医学をもっと信頼していれば、もしかしたら、事情は変わっていたかもしれない。

なお、今回の栃木県の事件の被疑者と、ガン治療を否定している医師の姓が同じというのは、これはたぶん偶然だろうが、何やら暗示的な気がしてならない。

私の高血圧症も、治療薬と減塩の食生活で、目に見えて改善してきた。

「トンデモ」説よりも、医学や薬学のほうが、はるかに信頼に足ると私は確信している。

 
19 : 43 : 19 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

11/26(木)

ある式典の準備のことで、席位置のことが話題になった。

壇上で、来賓のかたと主催者の席の位置をどうするか、という問題で意見が分かれたのである。

本来の日本的な考え方としては、向かって右が上の席になるので、来賓のかたに座っていただく場所となる。

しかし、昨今では、向かって左の位置に来賓のかたが位置されていることが多い。

その場でネットで検索したら、要は、国際儀礼では、向かって左が来賓席で、古来の日本の慣習では、向かって右が来賓席になる、とのようである。

ただ、厳密にそうしなければならない必然性もなさそうだ。

なお、今日は、国旗と団体旗を並べて掲揚するときに国旗が左になるので、それに準じて、来賓のかたも左に座っていただく、ということで、結論が出た。

お雛様も、ほとんどの地域では男雛が向かって左だが、日本の伝統が色濃く残っている京都では、向かって右に置くのが一般的である。

こういうファジーさが、もしかしたら日本社会のいいところかもしれない。

  
20 : 19 : 20 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

11/25(水)

先週末に気がついたのであるが、自分の持っている傘が他人のものだ、と。

どこで間違えたかのかわからない。

で、今日、昼食のために社員食堂に行ったら、私の本来の傘が隅っこにこっそりと置いてあるではないか。

たぶん、昨日の昼には、そこには傘はなかったはず。

ということは、誰か(社員A)が間違えて私の傘を持っていったものの、途中が気がついて、食堂に返しに行ったのではないか。

とにかく、入れ違いになって、私は、2本の傘を持っている状態である。

私の推理が正しければ、余分の傘を食堂に返しておけば、その持ち主(社員A)が取りに来てくれるはずだ。

小学校3年の時、担任の先生から、自分の持ち物には名前を書いておくようにくどく言われたが、そういうことかと、今になってわかった次第である。

 
20 : 31 : 58 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

11/24(火)

大阪府知事選で「ご苦労さんです」にキレて暴行

>22日投開票の大阪府知事選で投票を終えた人に、投票管理者が「ご苦労さんです」と声を掛けていたことに激怒して暴行を加えたとして、府警は23日、公選法違反(投票管理者への暴行)の疑いで、・・・・


あってはならない事件だが、しかし、私も、投票に行って「ご苦労さんです」と声をかけられたら、不愉快な思いをしたことと思う。

もちろん、だからといって、暴れたりはしないが。

まさに、上から下に対しての言葉遣いだから、公的な場で口にするには好ましくない。

これは感性の問題だから、「ご苦労さんです」と言われても何とも思わないどころか、ねぎらいの言葉をかけてもらっったと喜ぶ人もいるかもしれない。

正解はないのだ。

私の勤務先の会社の社長に対して、タメ口で話している納入業者がいる。

彼からしてみれば、当社に40年以上も前から出入りし、先代社長、つまり、現社長の実父もよく知っていただけに、それが自然な会話なのかもしれない。

しかし、一従業員として聞いていて、彼の言葉づかいは傲慢としか伝わってこないのだ。

親しき仲にも礼儀ありとは古くから言われている言葉である。

むろん、これも感じ方の問題だから、当社の社長にしてみれば、フレンドリーな話し方をしてくれることを歓迎しているかもしれない。

私には容認できないことだが。

 
20 : 39 : 44 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

11/23(月)

マイナンバーの番号通知の文書が、昨晩、わが家に送られてきた。

19日に発送が完了していたのに、22日の配達なのだから、どこかで留まっていたのだろう。

それはともかく、個人番号カードを作りたいと思って、その登録申請をパソコンからすることにした。

写真を撮らなければならないので、髭を剃って身なりを整えておきたいと思い、昼前にスーパー銭湯に行ってきた。

自分なりに気合を入れていたつもりである。

午後2時からスマホでの撮影を始めた。

誰の責任というわけではないが、なかなか気に入る写真が撮れなかった。

結局、30分ほどの試行錯誤の結果、妥協することとした。

そして、ネットからの申請に着手した。

実際にやってみて驚いたが、なんとも、ネットが重いのである。

ページごとで確認ボタンを押すのであるが、反応がなかなかない。

途中で画面が反応しなくなり、また、最初から作業をやって、2回目で、やっと登録できた。

たくさんの人がネットで申請しているからか、あるいは、しょぼいサーバーを使っているからかはわからない。

終わったのは3時15分。

これなら、郵送申請のほうが早かったと思う。

私にとっては、幸先悪いマイナンバーのスタートであった。

 



16 : 58 : 01 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

11/22(日)

けさの8時ごろ、大阪府知事選挙の投票に行ってきた。

投票を済ませた後、出口近くのテーブルの上に、「投票済証」が、うず高く積まれているのに気付いた。

いつもは手にしないのだが、今回は、無意識のうちに、一枚を取っていたのである。

おそらくは、私には、何の役にも立たないだろう。

いっときは、会社や組合が組織をあげて支援している候補への投票事実を確認するために、構成員に対して、投票に行ったことの証明を求めるために使われていたこともある。

しかし、中には、会社や組合が指示している候補以外に投票する人間もいることだろう。

そしたら、正確な票読みはできない。

そういうこともあって、いまどき、そんな目的のために投票済証を使う組織も、ほとんどなくなってきたのではないか。

だとしたら、何のために発行されているのだろう。

わずかとはいえ、コストがかかっているのも事実である。

しかも、選挙管理委員会が発行しているので、究極的には、税金から費用を出しているのだ。

候補者のポスターを貼る掲示板もあまり意味はないと思うが、法律で定められているので、やらないわけにはいかない。

しかし、投票済証は法律で決まっているものでもなんでもない。

意味がないなら、即刻、やめてしまうほうが、国家国民のためになる。

 



18 : 28 : 20 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

11/21(土)

妻の実家の売却の契約をしてきた。

買ってくれる人は、若い医師のかたである。

お子さんが2歳になったばかりという。

やはり、医師は高収入の職業なのだろう。

契約の手続きには、仲介業者の事務所で、3時間近くかかった。

ほとんどが、書類の読み合わせである。

もちろん、後日のトラブルがないように、お互いに顔を突き合わせて、書類の内容をチェックしておくのが確実である。

それは理解できる。

とはいえ、「土地の中から爆弾が出てきた時の処理」や「売り主か買い主が暴力団であったことが判明したの場合の対応」など、あり得ない事態を想定しての話が、実は大半であった。

途中で退屈になってきたものの、真剣な表情を取り繕いながら、最後までこぎつけた。

手付金を受け取り、契約は成立した。

ほかに問題がなければ、来年1月に最終的に売却が成立する。

もう少しの辛抱だ。

 
19 : 22 : 19 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

江田健二が『かんたん解説!! 1時間でわかる電力自由化 入門』発刊

今、日本では電力自由化が非常に大きな話題となっています。
それもそのはず、2016年4月1日から予定されている電力小売り自由化は、極めて大きな影響をもたらすことが予想されるからです。
今まで、電気とは直接関係のなかったガス事業やガソリンスタンド事業なども、こぞって電力の世界に参入することが予測されています。
ほかにも、従来の常識では考えられなった業界から、家庭用電力市場にどしどしと新規参入することが誰の目にも明らかです。
このことによって、消費にも多大の影響が与えられることは必至でしょう。
某調査機関によりますと、電力自由化は、2016年の注目トピックスとして、第3位にランクインするなど、熱い注目を集めるフレーズであることは確実視されています。
そんな中、RAUL株式会社の江田健二の新著が話題を呼んでいます。
2015年12月14日に発刊された、来年からの電力自由化が手に取るようにはっきりとわかる 『かんたん解説!! 1時間でわかる電力自由化 入門』は、まさに疑問点をことごとく解明していく書として、センセーションを巻き起こしているのです。
時代を知るためには、必読の書と言えましょう。


2016年注目トピックスである電力自由化で、いちばんやさしい入門書発刊!RAUL株式会社の江田健二が、『かんたん解説!! 1時間でわかる電力自由化 入門』発刊いたしました

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

19 : 18 : 44 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

11/20(金)

職場の飲み会があった。

会場は、ターミナル駅の近くの飲み屋さんである。

行ってみて驚いたが、金曜日の晩だというのに、お店はガラガラである。

スタッフの人の活気もあまり感じられない。

隣の部屋で、合コンらしきものをやっていたが、若い男性の大きな笑い声が聞こえるだけで、あまり高揚感が伝わってこなかった。

お店の入り口に置かれていた熊の置物も、どこやら寂しげである。

この沈滞感は、エレベーターで6階まで上がっていくという立地の悪さが原因なのだろうか。

ただ、料理そのものは、なかなかの味であり、十分、満足した。

総合的に考えれば、われわれは大いに得をしたということになるのか。

20151120.jpg



 
21 : 41 : 53 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

11/19(木)

エキスポシティーがオープンした。

大阪では、そのニュースでもちきりである。

CMでは、日本最大級の複合施設という謳い文句と同時に、
「公共の交通機関でお越しください」
とのフレーズが必ずついていた。

駐車場なんて、すぐに一杯になってしまうことは、誰でも予想がつく。

地元の住民にしてみれば、最も困るのは、車の渋滞である。

今でも、季節がいいときは相当に渋滞するのに、こんなビッグな施設ができてしまったら、お天気のいい休日など、殺人的な混雑になるはず。

たまたま、今日、職域関係の会合がエキスポ近くであった。

晩の6時に行ってみたら、車はスイスイと走っている。

エキスポシティには多くの人がいたが、駐車場は空きがあったらしい。

やはり事前の広報が効いたのか。

ただ、今度の連休の様子を見てみないことには、実際のところはわからない。

大規模施設が完成すると、とにかく、混雑するものである。


21 : 59 : 47 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

11/18(水)

会社で、交通安全講習会があった。

地元警察の交通課の職員で、名物講師として知られている人から、1時間、お話を聞いた。

時間が経つのを忘れるぐらいの人を引きつける話術で、充実感たっぷりの講習であったと思う。

講師が強調されていたのは、「みずから、安全意識を持って運転すること」。

交通事故を起こそうと思って走っている車は1台もないが、自分の目でのしっかりした確認を怠るから、それが事故につながる、というのである。

免許をとるために教習所に通っていたときと同じ運転をすれば、事故は激減する、とのこと。

なお、講師のお話が魅力的であったのは、ご自身の体験を、恥の部分も隠さずにおっしゃることだろう。

スピード違反でつかまった、パトカーを駐車場に止めるときに車体の横をぶつけてしまった、等々、負の側面をも披露された。

その都度、しっかりと反省し、同じ間違いは繰り返さないように自戒してこられた。

28年間の交通取締まりの実績を持つ人でも、事故や違反の過去を持っているのだから、車の運転をなめていけはいけない。

血となり肉となる講習を受けられたと感謝している。

 
20 : 12 : 46 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

ココマチ(https://coco-machi.jp)のiOSアプリがリリース

旅行や観光に関する情報が満載のサイトに、「ココマチ」があります。
「ココマチ」では、海外や日本各地の旅行情報が掲載されています。
読んでいて、思わず、その町に旅してみたくなるような記事がいっぱいです。
その「ココマチ」が、12月18日より、スマートフォン向け掲示板・メッセージアプリ、「ココマチ 旅の掲示板アプリ」iOS版の提供を始めました。
掲示板機能がありますので、自分の感想や情報を掲載したり、ほかの人の話を見聞きすることができます。
また、メッセージ送信機能でもって、自分からの情報発信を積極的に行うことが可能です。
スマートフォンですから、出先からでも気軽に利用できます。
旅が一層楽しくなること必至です。
ココマチは、大きく進化を遂げました。

旅行ガイドや口コミ、メッセージ送信のサイト、ココマチ(https://coco-machi.jp)のiOSアプリがリリース

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

12 : 31 : 32 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

「力が欲しいか!?」

DreamNews
今日のイチオシDreamNews


「力が欲しいか!?」、250万DL突破のコミックアプリ「マンガワン」にて「ARMS」(アームズ)の全巻イッキ読み開催! 株式会社小学館



11 : 43 : 00 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

11/17(水)

急に、社長個人の印鑑証明書が必要となり、私が市役所まで取りに行った。

所用時間2時間である。

来年になって、マイナンバーが使えるようになれば、こういった書類は近くのコンビニで受け取りが可能になる、と聞いている。

そしたら、楽になるのだが。

せめてこれぐらいのサービスがないと、マイナンバー制度の値打ちがないと思う。

法律で実施が決まっている制度なのだから、国民の側としてもできるだけ有効に利用しないことには、税金がもったいない。

ところで、そのマイナンバーの個人番号の通知が、私の家には、まだ着いていない。

送付状況表を見たら、私の住んでいる市では、まだ発送準備中のようだ。

地域によっては、10月中に配達が終わっているところもある。

もしかしたら、私の市では、12月まで待つことになるかもしれない。

この差はどこに原因があるのだろう?
 
 
20 : 16 : 34 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

11/16(月)

今日、勤務先に、来年のカレンダーが納入されてきた。

毎年、作っていて、お取引先関連に配っている。

A2ぐらいの大きなサイズというのも、昔から変わらない。

月めくりのタイプで、毎日の日付の下に空白部分があって、そこに予定を書き込めるのが、「好評」の理由らしい。

中には、毎年、当社の大型カレンダーを同じ場所にかけているので、壁のその部分の色が変わってしまったから、やむを得ず、当社のカレンダーを使っている、という会社もあるらしい。

当社としては、喜んでいいものか、ご迷惑をおかけしていることを反省すべきか、どうしたものか迷ってしまう。

 
20 : 50 : 01 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

music.jp、生産性向上を目的にConcur Expenseを採用

DreamNews
今日のイチオシDreamNews


music.jp、ルナルナを展開するエムティーアイ、従業員の生産性向上を目的にConcur Expenseを採用 ~ベトナムでのBPOサービスとも組み合わせ、更なる戦略的な経費削減を目指す~ 株式会社コンカー



12 : 22 : 40 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

第二回「イルミ検定」まもなく締め切り!

夜を美しく彩るものとして、イルミネーションがあります。
本来は真っ暗な世界をきれいに活かし、あたかも別世界が誕生したかのように働いてくれるのです。
殺伐とした光景を再生させてくれるすぐれものが、イルミネーションであると言っても過言ではありません。
さて、イルミ検定と一般に呼ばれているイルミネーション検定が、2016年1月23日(土)と24日(日)に行われます。
イルミ検定は、イルミネーションに関心があり、もっと広範に楽しみたいとか、実際にイルミネーションを作ってみたいという人を対象に、昨年、初められたものです。
自分の趣味をを楽しみながら、プロとして通じる知識も体得でき、さらに実生活にも役立つという検定資格なのです。
申し込みの締め切りは、2016年1月17日(日)です。
イルミネーションの好きな人、イルミネーションビジネスに関心のある人、また、観光事業の分野への就職を目指している学生などの応募が期待されます。

楽しみながら資格を取得しよう!第二回「イルミ検定」まもなく締め切り!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

09 : 39 : 46 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

11/15(日)

以前からの課題であった、妻の実家の売却が決まりそうである。

今朝、仲介の不動産屋さんに行ってきて、今後の手続きのことを聞いてきた。

事務的な作業ばかりであるが、問題なのは、名義人である妻も娘も、契約日に都合が悪く、私が代理人として立ち会うことになった点である。

委任状はもちろん、本来の名義人の印鑑証明や本人証明の書類があれこれと求められた。

印鑑証明があれば現住所もわかるのだから、事足りると思っていたのだが、最近は、そんな甘いものではないようだ。

今まで聞いたこともない名前の書類があって、そこにも、本人自筆でサインをしておかなければならない。

何とかという法律で決められたことだから、仕方ないが。

結局、世の中は善人ばかりではなく、第三者になりすまして、悪事を働くものがいるからだろう。

パリの同時テロにしたって、おそらくは、民衆の中に紛れ込んだテロリストの仕業だと思われる。

まだ真相が明らかになっていないので断定はできないが、紛争地からの難民がヨーロッパに流入してきたときに、テロリストが一緒に入ってきたことも、容易に想像される。

当初から、そういった危惧の声は聞かされていた。

人道主義は尊いものだと思うが、あまりに無防備であるとリスクが高まる。

今回の代理人になる書類にしても、実際には意味を持たないもであろうが、最悪の事態を想定して、しっかりと整備しておくのが安全だ・・・・と自分自身に言い聞かせた。

 


18 : 56 : 26 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

11/14(土)

今日、スーパーに行ったら、食料品売り場の一角に、クリスマスのブーツが並んでいた。

数もわずかであるし、気のせいか、遠慮がちな空気が漂っていた。

まだ、11月も中旬なのに、クリスマスブーツを買って帰る人って、いるのであろうか?

それとも、店側の政策として、リスマスを雰囲気を演出することで、客の購買意欲を刺激しているのだろうか?

キリスト教とは無縁な人でも、このイベントとなると、高揚感を持つ人が多いようだ。

かなり以前から、日本のクリスマスは、恋人たちにとっては特別な意味を持った日となっている。

とりわけ、イブを共に過ごすことで愛を確認し合う慣習が定着している。

私には別世界の話であるが、それでも、実は、クリスマスのはなやいだ空気が楽しみなのだ。

早く来い来い、クリスマス。

 
19 : 27 : 07 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

第3回 全国高校生馬術選手権大会が千葉県八街市で開催!

とかく、さめているとか、白けているとか酷評されている高校生ですが、もちろん、目的意識を持って生きている人もたくさんいます。
馬術にひたすら取り組んでいる高校生がいるのです。
第3回全国高校生馬術選手権大会が、平成28年に開催されます。
出場するのは、全国の高校生馬術選手です。
競技は平成28年1月9日~10日に開催されます。
今回の全国高校生馬術選手権大会は、高校生馬術インターハイとは全く違います。
参加資格は、国内の高等学校に所属している生徒で、馬術競技の経験を持っていれば、個人でも参加が可能なのです。
かなり、馬術大会としては門戸が広がっています。
この全国高校生馬術選手権大会が継続することで、日本国内での馬術の発展はもちろん、青少年の健全育成にも大いに役立つに違いありません。
前向きに人生設計を考えている高校生もたくさんいます。
そんな高校生には、全国高校生馬術選手権大会は適切な刺激となること必至です。

第3回 全国高校生馬術選手権大会が千葉県八街市で開催!(平成28年1月9日~10日)高校生馬術選手の中から、全国高校生馬術選手権大会チャンピオンの選手決定戦!平成27年12月25日まで、参加者募集中。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

18 : 57 : 03 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

成人男女1,000人に聞いた「鍼灸師の資格の認知度調査」

世の中には、意外なほど知られていない事柄がたくさんあります。
その一つに、鍼灸師になるには、国家資格を取得することが必要である、という事実です。
鍼のお世話になる人は多いのですが、国家資格を有している人が行う仕事なのです。
株式会社パイルが運営してる、東洋医学ポータルサイト「はりQ」が、2015年11月25日~11月30日の期間に、アンケート調査を行いました。
その中の質問、「鍼灸師が国家資格取得者であること知っていましたか?」には、約半数の人が「知らなかった」と答えています。
いかに、認知されていないか、よくわかります。
「はり師」「きゅう師」の受験資格は、結構厳しいです。
文部科学省と厚生労働省がそれぞれ認定した学校や養成施設で3年以上の学び、その後、それぞれの実技試験に合格すれば、ようやく、年に1度だけ実施される国家資格を受けることができるのです。
鍼灸師の人たちは、長きにわたる勉学の後に国家資格を取得して、鍼灸師として活躍することができるのです。
また、15%を超える人が、「鍼灸師自体を知らない」とアンケートに答えていました。
この結果に驚いた人は少なくないでしょう。
これは、もしかしたら、法律でもって、鍼灸院の宣伝がl規制されていることが原因なのかもしれません。
私たちの生活にとって身近な存在である鍼灸についてもっと深く学ぶなら「はりQ」が非常に役に立ちます。

約半数が「鍼灸師が国家資格取得者であることを知らない」という結果に!成人男女1,000人に聞いた「鍼灸師の資格の認知度調査」

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

09 : 05 : 02 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

11/13(金)

中国に出張していた人からのお土産で、栗をいただいた。

なんでも、中国での現地法人の人が煮てくれたらしい。

彼女は、日本のこともよく知っており、おそらく、農薬があまり使われていない栗を選んでくれたと想像している。

最初は、失礼ながら、大丈夫かなと思っていたのだが、食べてみると、日本のと全く変わらない味である。

やや小ぶりではあるが、口にしたときの味は、何ら遜色がない。

かの国は、というか、あの国を牛耳っている政党は軍事拡大主義そのものだが、その地で実っている食べ物には責任はなかろう。

秋を満喫させてもらった。


21051113.jpg


20 : 37 : 05 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

11/12(木)

帰宅すると、郵便受けにA4のメモが入っていた。

そこには、手書きで文章が書かれていた。

「引越しすることになり、飼っていた犬を手放さなければならなくなった。
もらってもらえる人がいたら、是非ともお願いしたい。」
との内容である。

そして、コギー犬の写真と、生年月日、「おとなしいが、前向きで積極的である」という、まるで就活のエントリーシートの自己紹介を思わせる文まで書かれていた。

もちろん、家の電話番号と携帯の番号まで書かれていた。

今年で5歳のようだ。

コピーされていたので、おそらくは、かなり多くの家に投函したことと思う。

しかし、犬にとってはそこそこの年齢だし、なかなか引き取り手も見つかりにくいのではないか。

もし誰も飼ってくれないとなると、どうなるのだろう。

こういうとき、猫なら、なんとかなる。

人間がつきっきりで面倒を見なくてもいいのだから。

しかし、犬を飼うとなると、少なくとも朝晩の散歩は必要だし、昼間も、ほったらかしにはできない。

わが家のように共働きだと、昼間の世話ができない。

こちらに訴えかけてくるようなコギー犬の目を見ていると、本当に辛くなってくる。

もっとも、今の飼い主のほうが、もっと胸を痛めているだろうが。

 


20 : 23 : 53 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

11/11(水)

会社の顧問弁護士事務所に行ってきた。

かれこれ、7年のお付き合いになる。

それまで、弁護士という職業にはほとんど縁がなかった。

テレビドラマで出てくる弁護士のイメージしかなかった。

だから、誤解していた部分も多かった。

テレビで出てくる弁護士は、ほとんどが刑事事件の弁護士である。

しかし、現実には、刑事を担当している弁護士の数というのはかなり少ないと聞いた。

要は、刑事事件だけでは、食って行けないのである。

ほとんどの弁護士は、会社倒産や離婚、損害賠償請求などの民事訴訟の仕事をしている。

また、ドラマでは、調査のために何日もかけて遠方まで出かけている場面がある。

実際には、そんな暇はまずない。

そもそも、弁護士が一つの案件だけにかかわっているわけではない。

中には50件を超える案件を抱えて、睡眠時間を削るしかない時期もあるという。

まさに、過重労働の典型例である。

さらに、弁護士ならば、六法全書の法律の条文をすべて暗記しているのかと思っていたが、実は、そうではなかった。

もちろん、どのあたりに書かれているかはしっかりと把握しているのだが、詳細の文章までを記憶しているわけではない。

だから、ことあるごとに、六法を開けて確認している。

会社での仕事を通じて、弁護士の世界を垣間見ることができたのは、私にとっては望外の幸せである。

 
19 : 59 : 07 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

「あいこから夢をおすそ分けキャンペーン」本日より開催!

株式会社アーク情報システムといえば、HD革命をはじめとする画期的なソフトの開発で知られています。
同社が、年末のご愛顧感謝イベントとして、12月11日(金)より、キャンペーンを始めることとなりました。
パソコンソフトを購入した人に、もれなくノベルティプレゼントし、そして、応募先着100名の人、年末ジャンボ宝くじをプレゼントするというものです。
名付けて、「あいこから夢をおすそ分けキャンペーン」です。
期間中に同社のソフトを購入後、ユーザー登録をして、同社サイトのキャンペーン専用ページから応募すると、もれなく「あいこちゃんクリアファイル」が贈呈されます。
そればかりではありません。
応募先着100名に「2015年 年末ジャンボ宝くじ」がプレゼントされるのです。
夢があっていいことだと思います。
こういった楽しみがあると、毎日の生活が楽しくなるものです。
ひいては、人生に意義が感じられるようになります。
「あいこから夢をおすそ分けキャンペーン」は、2015年12月24日(木)24:00までです。
積極的な応募が望まれます。

パソコンソフトメーカーのアーク情報システム 年末のご愛顧感謝イベント「あいこから夢をおすそ分けキャンペーン」本日より開催!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

19 : 56 : 38 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

超短篇小説ナノベル、dブックで販売開始

小説を読むというのは、理屈ぬきに楽しいものです。
自分が普段いる世界とは違ったことを体験できるのです。
また、登場人物の心の中を覗けるなど、いろんな楽しみがあります。
とりわけ短編小説ですと、ちょっとした合い間の時間に読むことができますので、いろんな人から喜ばれています。
昨今は、スマホで小説を読める時代になりましたので、大変に便利です。
株式会社GADGETは、11月24日より、NTTドコモの運営する電子書籍ストア「dブック」に超短篇小説の提供を始めました。
一編2000文字以内の超短篇小説レーベルをまとめた電子書籍「超短篇小説ナノベル」です。
今回の作品は、超短篇小説20篇の集まったセレクション2冊、そして、シングルズ40冊の計42冊です。
星新一の後継者の呼び名の高い田丸雅智や、ミステリー小説「聖母」で一躍世に出た秋吉理香子などの豪華な顔ぶれが執筆陣に名を連ねています。
ナノベルは新しい読書スタイルを作り上げるに違いありません。

超短篇小説ナノベル、dブックで販売開始― スマホ文学の雄、満を持して電子書店に―

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

10 : 41 : 16 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

声なき声

Author:声なき声
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Admax

忍者