10/31(土)

大阪市長の橋下徹さんが、「おおさか維新の会」を発足させた。

政策やイデオロギーがどうのこうのという問題ではなく、国政政党としては、「おおさか」のネーミングはまずいのではないか。

私のように、大阪に生まれ、約63年間にわたって大阪で生活してきた人間として感じているが、「おおさか」の印象は、他の地域ではネガティブに受け止められているのが一般的だ。

橋下氏の意向としては、「地域分権の象徴」としての「おおさか」だというが、「おおさか」を冠する必然性はないのだ。

それなら、「はしもと新党」とでもしたほうが、集票効果は間違いなくあると思う。

ただ、私自身は、橋下氏の構想や手法には疑問を持っているので、この政党が国民の支持を集めないほうがありがたい、というのが偽らざる思いであるが。

それにしても、10月31日に結党というのは、まさか、ハロウィンの仮装にあやかったのではないと信じたい。

 
スポンサーサイト
19 : 15 : 25 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

10/30(金)

マンションの傾斜問題で、データをでっち上げたという事実が明らかになり、大きな問題になっている。

マンションの杭を打ったときに、支持層まで届いていなかったことも問題だが、なのに、適当なデータを捏造していたということで、火に油を注いだ結果になった。

しかも、調査すると、まともに施工した物件でも、データの改ざんや捏造は、珍しいことではなかったようだ。

逆に考えれば、品質上の問題がないことが明らかであれば、事実とは異なった数値のデータを作っても許されるのか、ということになる。

確かに、くだんのマンション以外でのデータ捏造の件では、施工そのものは正常になされていた、という。

だから、ある意味、自信を持ってデータをでっち上げたのだと思う。

おそらく、そういったことは、建設業界のみならず、他のジャンルでも行われているのではないか。

今まで、ほとんどトラブルなくやってきたので、安心しきっていたのかもしれない。

ただ、建築物のように高額なもの、あるいは、やり直しが難しいものについては、最悪の事態を想定して、真面目にデータをとっておかないと、今回のような取り返しのつかない事態を招くのである。

手間がかかっても、また、コストアップになっても、正確なデータをとっておくのが、結局は最も安くつくものだ。

 
21 : 59 : 55 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

10/29(木)

ある会合で、Kさんの姿を見かけた。

今年で76歳であるが、ほんの昨年までは、脂ぎった若々しさが漂っていた。

加山雄三さんが78歳だから、ほぼ同じ世代と言ってよかろう。

しかし、今晩のKさんは、歩く姿も足がおぼつかなく、会話にも従来のような覇気が感じられなかった。

顔の表情にも、以前の溌剌さはない。

たしか、5年前までは、女性関係のほうのうわさも頻繁に聞いた。

その当時は、70歳で現役というのもなかなかのものだと、感心したことを覚えている。

そんな人でも、寄る年波には勝てないのだろうか。

ちなみに、その人と会うのは、年に3回か4回である。

本人が気づかないような変化も、めったに会えない人間には、逆に、よくわかるものかもしれない。

もちろん、私も、いずれはそんな道をたどるのだろうが。

 
21 : 37 : 04 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

10/28(水)

帰宅したら、いつも行っているスーパー銭湯から、誕生祝いが届いていた。

来月が誕生月だというので、少し早目のプレゼントなんだろう。

「無料入浴券」である。

もちろん1回だけだが、ありがたい。

さすがに、この年齢になったら、誕生日にお祝いの言葉やプレゼントをもいただけることは、めっきりと少なくなった、というか、皆無になった。

ちなみに、このスーパー銭湯は、回数券の料金でも、1回650円である。

ということは、ストレートに計算して、650円の誕生祝いをいただいたことになる。

本当に、頭の下がる思いである。

 

19 : 25 : 06 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

10/27(火)

消防署が主催する防災講演会があった。

台風18号での鬼怒川洪水のことにも触れて、一つ、聴衆への質問があった。

「水害に見舞われて避難するときに、傘を持って出るのを忘れてはいけません。
何に使うのでしょうか?」
というものである。

雨を避けるためではないことは、私にもすぐわかった。

正解は、
「水浸しになった道路を歩くとき、マンホールの蓋が取れてしまって、穴があいているところがないか、チェックするため」
である。

言われてみれば、そのとおりである。

水に覆われてしまったら、下の様子はわからない。

杖がわりに、傘で確認しながら歩いて行かなければならない。

ただ、私の居住地は、若干、高い位置にあり、現実的には水害は起こり得ない。

約30年間住んでいて、雨の被害に遭ったというのは、ガレージの中に水が浸入したぐらいのものである。

余計な話だが、火災保険も、水害特約をはずしてあり、おかげで、わりと安くなっている。

とはいえ、勤務先や出張先で、大水害に直面する可能性がゼロではない。

そのときのために、避難するにあたっては、傘か杖を忘れずに持っていこう。

 
19 : 44 : 01 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

10/26(月)

歯の定期検診の予約をとろうとして、歯科医院に電話をしたら、
「担当の先生が変わりますが、差し支えないでしょうか?」
と尋ねられた。

私の担当医が他の院に行かれるとのこと。

そこで、後任の先生のことを問うと、
「院長が担当します」
との返事であった。

3年前に初めて来たときには、院長以外に4人の医師がいらっしゃった。

駅前の医療ビルにテナントとして、院をオープンしているのだから、医師の要員もそれなりに抱えておく必要があるから、それは当然のことだろう。

その後、五月雨的に退職され、今では、常勤は院長と担当医のみである。

そして、その担当医も間もなく退職される。

なら、常勤は院長だけになってしまうではないか。

この歯科クリニックのWEBサイトには、「医師募集」の案内が掲載されている。

そこを見ると、「待遇」のところに、USJ見学とか、神戸港クルージングなどが書かれている。

しかし、それを見て応募してくる歯科医って、どんな人なんだろう?

医院として、本当に医師を補充する気持ちがあるのだろうか?

結論的に、その歯科医院に行くのはやめにした。

私の場合は、定期検診が目的なのだから、現在の医院でないと困る理由はない。

昨年に、家の近所に歯科がオープンした。

そちらのお世話になろうと思っている。

 
20 : 38 : 39 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

10/25(日)

妻が二泊の予定で旅行に出かけた。

妻がいないと、テレビのチャンネル選択権を得られるというのが、私にとっては大きい。

夕方の6時からのニュースでは、ローカル局で、大阪マラソンのことを盛んに報じていた。

東京マラソンのパクリと言ってしまえばそれまでだが、結構、大阪マラソンは、地元では熱気を帯びているのは事実である。

ただ、マラソンというのは、結構負担の大きい運動である。

今日も報道を見ていたら、ぬいぐるみを被ったり、アニメの主人公を模した服装で走っている人がいた。

最初から遊びの気持ちでフルマラソンに参加するのであれば別段問題はないが、本気で完走するつもりならば、あまりにリスキーではないか。

私は経験のないスポーツであるが、いかに苛酷であるかはように想像がつく。

とはいっても、そんな人は一部だけだと思う。

しかし、報道の時は、そんな一部の人にカメラを向けるものである。

面白おかしくの部分を強調するテレビ放映のあり方には違和感を禁じ得ない。

そして、いまは、プロ野球の日本シリーズを見ている。

こちらは、事実関係をそのままに中継している。

しかし、見ている側の私が、応援しているわけでもないヤクルトに肩入れしている。

なぜか、プロ野球となると、どちらかのサイドに立ってしまうのである。

野球というのは、本来は見ているだけでも楽しめるスポーツなのであるが、好きなチームとか応援している選手がいると、勝ち負けにこだわってしまうのが辛い。

だから、私にとっては、高校野球で、全く関係のないチーム同士の試合を見ているのが、最も気楽な野球観戦のありようである。

 
20 : 27 : 51 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

10/24(土)

喪中欠礼の葉書を受け取った。

今年の第一号である。

これを受け取ると、新年の訪れを意識してしまう。

さて、喪中欠礼の葉書は、本来は、身内を亡くした人が、新年のおめでたい言葉を口にするのを遠慮しよう、という趣旨のものである。

だから、喪中の人に対して、身内に不幸のなかった人が、「新年おめでとうございます」を言うのは、決して失礼でもなんでもないのだ。

しかし、実際には、喪中の人には年賀状を出さないとの慣習ができあがっている。

そういうこともあって、喪中欠礼の葉書は、早めに出さなければならなくなる。

なお、私は、寒中見舞いの葉書は、いままで書いたことがない。

私が喪中のときも、寒中見舞いを頂戴したのは、固有名詞が浮かんでくるほどの少数であった。

来年も、寒中見舞いは出さないつもりである。

 
18 : 56 : 40 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

10/23(金)

今朝、取引先の昼食接待を、突然に命じられた。

一瞬、頭をよぎった不安は、よれよれのスーツを着ていたこと。

今日は対外的な予定は全くなく、服装は無頓着で出社したのに。

ズボンの左側には、原因不明の汚れが付いていて、濡れティッシュで拭いてもとれない。

明日に、クリーニングに持っていく予定にしていて、今日が最後のご奉公だと思っていたのである。

相手様は、あまり肩の凝らない人なので、気疲れというのはなかったが、服装のことは、不安でならなかった。

人間の印象というのは、ずばり、相手の表情や服装、髪型などで、ほぼすべて決まってしまう。

話の内容なんて、実のところ、ほとんど重要ではない。

それよりも、ズボンが汚れていた、ネクタイが歪んでいた、無精ひげを生やしていた、頬に吹き出物ができていた、などという外見のほうが、ずっと印象に残っているものである。

会社に出るときは、身だしなみを整えておかなければならないという当たり前のことを、あらためて認識した一日であった。

 

20 : 07 : 28 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

10/22(木)

最近、耳障りな言い回しの一つに、
「お詫びしたいと思います」
という表現がある。

巨人軍の野球賭博事件に関して、また、マンション建設の不祥事でも、責任者が出てきて、
「心からお詫びしたいと思います」
と深々と頭を下げていた。

しかし、本当に自分が悪いと自覚していたのなら、
「お詫びします」
の言葉が、自然と出てくると思う。

なぜ、あえて、「・・・したいと思う」なんて表現をするのだろうか。

おそらく、心の底では、
「オレが悪いんじゃない。しかし、責任者として、頭を下げているだけなんだ。」
という思いが強いからではないか。

厳しい見方をすれば、本音の部分では、全く謝っていないということになる。

「・・・したいと思う」というフレーズは、切迫したシチュエーションにいる人間の口からは出てこないと思う。

 
19 : 25 : 50 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

コンカー、中堅・中小企業向け新サービス “Concur Standard” の提供を開始

会社の業務として営業をやっていれば、必ず、経費の一時立て替えという事態が起こってきます。
出張先で、お得意先を接待したり、サンプルを会社に送ったり、仕事を進める上で必要な業務をすることは、珍しくありません。
立て替えた経費については、出張を終えて帰社してから、経費精算するのが一般的です。
その経費精算の仕事は、経理部門が担当していますが、領収書と突き合せながら、申請内容が適正であることを確認しなければなりませんので、思いのほか、負荷のかかってくる作業なのです。
Concur Technologies, Inc.の日本法人である株式会社コンカーは、2015年11月18日より、経費管理クラウドサービス「Concur Expense Standard」を提供しています。
これは、中堅・中小企業向けの出張・経費管理統合サービスである「Concur Standard」シリーズの一環です。
ビジネスの世界でのIT化が進んでいく中で、中堅・中小企業の実態に合った形での経費精算システムとして、大きな注目を集めています。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

14 : 44 : 20 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

10/21(水)

今日、10月21日は、「国際反戦デー」である。

と言っても、いまやすっかり名前だけになってしまったようだ。

若い人の間には、ほとんど知られていないのではないか。

そもそもは、1966年に、「ベトナム戦争反対」を国際的に訴えての行動が最初にあった記念日である。

70年安保の時代、つまり私が高校生の時は、この日のデモに参加するかどうかが、その人間を判断する一つの踏み絵であった。

当時から保守的な考え方をしていた私などは、「国際反戦デー」にも乗り気ではなかったし、もちろんデモに参加することもなかった。

クラス討論も頻繁に行われたものだ。

その後、世界の情勢が大きく変化し、現代では、10月21日も過去の記念日になってしまった感がある。

いまだに、高校生活のことを思い出すと、ベトナム反戦運動にまつわる事柄が頭に浮かんでくる。

それにしても、あの頃の高校生はエネルギーに満ちていたものだと、つくづく思う。

 
20 : 59 : 04 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

10/20(火)

会社の帰りに、かかりつけのクリニックに行ってきた。

いつもは、高血圧の薬を受け取るだけなのだが、今回は、先月に受けた血液検査の結果を聞きに行ったのである。

結論的には、「非常に良好」とのこと。

ただし、若干、貧血の兆候が見られる、と。

そして、
「悪性腫瘍が進行しているときに、貧血症状が出やすい」
とまで、医師から言われたのである。

で、12月に、再度、貧血にターゲットを絞った血液検査を受けることとなった。

貧血というのは、ダイエットのやり過ぎの女性がなるものかと思っていたのだが、悪性腫瘍でも、その症状があらわれるらしい。

たぶん、大丈夫だとは思うが、12月に、あらためて血液検査を受ける。

帰宅してから検査報告書をゆっくりと見たら、動脈硬化指数が「1.27」となっていた。

そして、報告書には、正常値が「1.6~4.1」だと書いてある。

つまり、私は、脳卒中や心筋梗塞にはなりにくい、ということだろう。

とはいえ、正常値の下限にも達していないというのは、本当にいいことなのかどうか、次回、先生に伺ってみるつもりである。


20151020.jpg

21 : 08 : 17 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

10/19(月)

テレビのニュースで、比叡山の荒行である「千日回峰行」をやっている人のことを知った。

7年がかりの大がかりな修行で、いまは、最も厳しいと言われている「堂入り」をやっている、とのこと。

とにかく、食べものも摂らず、水も飲まず、眠りもせず、横にもならず、といった状態で、9日間にもわたって堂に籠るらしい。

私のようなヘタレには、想像もできないハードな修行である。

その克己心には敬意を表する。

ただ、こういった過酷な修行のことを耳にするたび、チャレンジする気持ちを起こさせた原動力は何なんだろうと、いつも気になって仕方ない。

少なくとも、金銭や名誉のただけにはできない。

これは、本人の目の前では口が裂けても言えないことだが、荒行をやったところで、世のため人のためになるわけではない。

なら、何のために、7年間も過酷な修行をするのだろうか。

凡庸な私などが幾ら考えても、正解はわからないことと思う。




19 : 58 : 21 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

トリップワイヤ・ジャパンが新パートナープログラムを発表

ネットが社会の隅々にまで発達いたしました。
もはや、ネットなしでは、仕事もレジャーも考えられないような状況になってきています。
それだけに、セキュリティー管理が大事になってくるのです。
知らない間にウイルスに侵入されたり、パソコンの中のデータをごっそりと持っていかれたり、WEBの内容が改ざんされたりする被害は、後を絶ちません。
セキュリティソリューションを提供している会社に、トリップワイヤ・ジャパン株式会社があります。
同社は、2016年1月より、新しいパートナープログラム『ワイヤードパートナープログラム』をスタートさせることとなりました。
昨今のサイバー攻撃やハッキングは一層過激になり、企業の信用失墜を招きかねないほどの被害をもたらしています。
『ワイヤードパートナープログラム』は、改ざん検知と脆弱性管理にポイントを置いて、全社的視野でのセキュリティ対策を行っています。
忍び寄る危機に対して、確固たる備えをするのは、現代企業にとっては必須の義務といっていいでしょう。

トリップワイヤ・ジャパンが新パートナープログラムを発表

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

11 : 37 : 44 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

10/18(日)

夕方、セブンイレブンに行ったら、子犬を連れた老人が買い物をしていた。

おそらく、70歳は超えていると思える。

やたら、おにぎりをたくさん買い込んでいた。

犬をつないでいる紐が邪魔で、私はずっと気になっていた。

その人がレジに行ったときに、若い店員さんが、
「犬は、店の外でお願いできませんでしょうか」
と丁重にお願いしている。

すると、
「すぐ終わるから」
と、全く、犬を連れて出る気持ちはないようであった。

余計なお世話ながら、私が、
「ほかにもお客さんがいるんですし・・・」
と、恐る恐る、その人に言ったら、不機嫌そうな顔をして、外に出て犬をくくっているようであった。

コンビニには食べ物もたくさん置いてあるのだし、犬を連れて入らないというのは、仮にお店の前に書かれていなくても、常識だろう。

ペットの散歩に行く人なんだから、もちろん、悪人ではないことはわかるが、「ちょっとぐらい」でも我がままは許されないと思う。

 

18 : 18 : 28 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

賞金総額50万円!ENSOKU-MANGAサービス開始記念「第1回エンマンコロシアム」開催

日本の漫画は、海外からも高く評価されるほどの位置付けにあります。
いまや、日本文化を代表するものの一つと言っても決して過言ではありません。
日本の漫画を通じて親日家になった外国の若者は少なくありません。
そんな側面からも、漫画の良さが見直されつつあります。
さて、株式会社シフトワンは、マンガ投稿サービス「ENSOKU-MANGA」をスタートさせることとなりました。
その記念に、2015年11月16日より、マンガコンテスト「第1回エンマンコロシアム」を展開しています。
「第1回エンマンコロシアム」は、12月15日まで、作品の投稿を募集しています。
参加資格は、誰でもOKでです。
プロやアマも問いません。
本格的な長編マンガでも、あるいは一コマや1枚イラストでも、ボリュームも自由です。
視聴ユーザー閲覧数や応援数、コメント数、SNSでのシェア数でもって、ランキングを競い、それをもとに審査いたします。
1位をとると、賞金30万円に漫画の英語や中国語への翻訳、モーションコミック化などと、実に豪華な賞が得られます。
このマンガコンテストで、新しい境地の漫画が開拓されるかもしれません。
漫画ファンはもちろん、社会の各層の人から熱い期待が寄せられています。

賞金総額50万円!ENSOKU-MANGAサービス開始記念「第1回エンマンコロシアム」開催

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

10 : 41 : 39 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

10/17(土)

麻生財務大臣が、軽減税率の問題に関連して、
「財務省は反対だ。みんな面倒くさいと言っている。」
と語ったことが、一部で問題視されている。

しかし・・・これって、何も問題はないと思う。

財務省の官僚というのは、頭が切れ過ぎるほどの人材がそろっている。

いかに、軽減税率が煩雑で、現場では混乱をもたらすかは、彼らにとっては火を見るよりも明らかなんだろう。

いわば、お菓子の「柿の種」を畑に植えたところで、本物の柿は実らないですよ、というレベルの話である。

だから、財務省の親分が「面倒くさい」の言葉で、部下の気持ち代弁したのだと、私は理解している。

机上の空論では物事は進まないことを、麻生大臣は言ったにすぎない。

昨今は、軽減税率を、食料品だけでなしに、新聞や書籍にも広げようという発想まで出てきている。

この調子でいくと、すべての物品やサービスに軽減税率を適用することになり、事実上、税率が8%据え置きのままになるではないか。

すると、一般消費が冷え込むこともないので、景気全般にもいい影響を与えることになり、万々歳、みんながハッピーになる。

もし、そういう趣旨だとしたら、私は軽減税率の範囲を拡大することには大賛成である。

いったんは税率を上げて、そして、すべてを軽減対象とするのだから、決めたことを反故にするわけではない。

少なくとも、一部の商品だけ軽減するよりは、はるかにリアリティーがあると思うのだが。

 
20 : 20 : 55 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

10/16(金)

05.jpg


今日の今日まで知らなかったのだが、Windows XPを立ち上げたときに出てくるオープニングの画面の画像は、実際に写真撮影したものだという。(wiki

カリフォルニアの草原の写真で、今はブドウ畑になっているらしい。
 
CGの技術を駆使して作り上げた作品だとばかり思っていたが、事実は小説より奇なりとは、よく言ったものである。

XP全盛時代、私は、この草原の画像を、奈良の若草山のイメージで眺めていた。

まさか、マイクロソフトが若草山を参考にするはずはなかっただろうが、それにしても、まさか現物の草原の写真だとは思いも寄らなかった。

世の中には、意外なことが多いものだ。


20 : 53 : 28 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

ポジティブワン、エンベデッド・ソリューションベンダーSEGGERマイクロコントローラ社と日本市場向け製品販売およびサービスの強化

DreamNews
今日のイチオシDreamNews


ポジティブワン、エンベデッド・ソリューションベンダーSEGGERマイクロコントローラ社と日本市場向け製品販売およびサービスの強化 ポジティブワン株式会社



16 : 23 : 44 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

30秒で納得!恋愛総合情報サイトcoicuru(コイクル)のドメイン変更について

恋愛は人生を美しく彩るものです。
人間としての自然な感情である恋愛を支援してきた会社に株式会社小さな彗星があります。
同社は、かねてより、いつくもの恋愛支援メディアを手掛けてまいりました。
中でも、2000年4月から自社で運営を行ってきた恋愛総合情報サイトは広く知られています。
このサイトは、銀のスプーン・恋愛マニュアル・ひいらぎ先生の診療所・ウォルター教授の研究レポートという4メディアを集約したものなのです。
2015年11月16日(月)より、ドメイン名を、coicuru(コイクル)の名称に変更することとなりました。
サービス内容は従来のままです。
今後は、希望者に、有料で専門家が相談に応じるサービスも新たにスタートさせる予定です。
恋愛に憧れつつも、最初の一歩を踏み出せないで逡巡している若者の数は少なくありません。
coicuru(コイクル)へのドメイン名変更をきっかけに、恋愛のチャンスが飛躍的に増大することが期待されています。

30秒で納得!恋愛総合情報サイトcoicuru(コイクル)のドメイン変更について(株式会社小さな彗星)

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

12 : 33 : 33 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

10/15(木)

つい先ほど、楽天市場で、ビジネスシューズの注文をした。

あれこれとサイトを見ていて気づいたことだが、
「2足で格安」
という手法を取り入れているサイトがやたら多かった、というのが一つ。

しかし、それはいかがなものかと思う。

たとえば、これから就活を始めようという学生が2足、あるいはそれ以上の靴を一度に買うことはあるかもしれない。

しかし、すでに会社に通っている人間が、2足を同時に買い求める必要というのは、ほぼあり得ないのである。

在庫処分でたくさん売りたいというのが本音だろうが、いくら安くても、そんな商品を買う気にはなれない。

さらに、海外ブランドのシューズを扱っている某ショップは、
「円高差益還元!」
とのキャッチコピーを使っていたのである。

いつの話なのかと、突っ込みたくなる。

サイトのメンテナンスをやっていないのが、すぐにわかってしまい、内容を見る気も失せてしまった。

最終的に、地味なショップで、ごくオーソドックスなタイプのものを選んで注文した。

ネットで物を買うのも、結構、神経を使うものである。


20 : 18 : 49 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

10/14(水)

飲み会に出た。

職場の地元の警察署が、大阪府の警察スポーツの大会で優勝したり、あるいは上位入賞したというので、その祝勝会が行われたのである。

警察署と私とは、会社での安全講習会のときにお世話になるぐらいのもので、さほど深い関係はない。

ただ、私が恩義を感じている人が幹事をやっており、その人から是非にと誘われたので、顔出しした次第である。

いわば、枯れ木も山の賑わいといったところだ。

行ってみて、警察の人の酒の強さには驚いた。

柔道で準優勝した女性巡査は、お酒を飲んでも酔わない、という。

だから、悪酔いや二日酔いというのは、いままで経験したことないらしい。

ビールなんて水と変わらない、と言っていた。

ほかの警察のかたも、控え目にされていたようだが、いずれも豪快な飲みっぷりであった。

肉体も精神もパワーが必要なお仕事だけに、アルコールには負けられない、というところだろうか。


21 : 55 : 41 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

10/13(火)

休み明けの職場の話題は、ラグビーが目だった。

いままでには無かったことだ。

決勝には出られなかったとはいえ、1大会で3勝もしたのだから、大躍進というほかない。

「内助の功」や「おにぎりを食べた」ことなどが、勝因としてあげられていたが、実際には、選手たちの技術力が向上したからにほかならない。

ただ、4年後の大会は、逆にやりにくいだろう。

今回、これだけの実績を残したのだから、4年後は、より上の成績を残さないと、サボっていたように思われる。

4年後、グラウンドで戦う選手たちは、今から大きな重荷を背負っていることになる。

これは、アスリートの宿命ともいうべきものかもしれない。

 

20 : 38 : 33 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

グローバルSIMカード 「TAKT」の提供を開始

いま、どの企業でも経費節減を強く求められています。
とりわけ、通信費の削減に力を入れている会社が目立ってきました。
グローバル化時代にあって、海外出張も多くなってきましたが、外国からの通信のための経費を抑えたいと、どちらの事業所でもう躍起になっています。
そんな中、Planetway Japan 株式会社が、グローバルSIM カード「TAKT(タクト)」を、ヨドバシカメラ店舗およびヨドバシ.comにて提供することとなりました。
「TAKT(タクト)」は、世界約200カ国で利用可能で、さらに、海外渡航時に卓越した通信環境を圧倒的低価格で実現するという強力なパワーを発揮いたします。
SIM カードの有効期限がありませんので、安心して利用できます。
こういった優れたツールがあれば、ビジネスパースンも、思う存分、海外で活躍できるに違いありません。
海外渡航時の通話・通信費を格段に安くするグローバルSIM「TAKT」には、熱い注目が集まっています。

Planetway、世界約200カ国で利用可能なグローバルSIMカード<br />「TAKT」の提供を開始<br />~12月初旬よりヨドバシカメラを通じて販売~

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

15 : 08 : 57 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

10/12(月)

朝の9時過ぎに、娘から妻に電話があった。

「栗拾いに行きたい」というのである。

実は、私としては、午前中に用事を済ませ、スーパー銭湯にも行き、午後からは、心おきなく巨人阪神戦を見る心積もりにしていたのである。

とはいうものの、1年で最も気候のいい時期に、家族で栗を拾うというのも、得がたい喜びである。

娘の旦那がネットで調べた箕面市の山奥にある農園に行った。

駐車場が混んでいて、車をとめるまでに約1時間、かかった。

受付で申し込むと、所定の袋を手渡される。

一つが1,500円である。

もちろん、狩りに来ている皆さんは、栗が山盛りになるまで詰め込んでいた。

実際に栗探しをやりだすと、結構、本気になってくる。

農園に着いたときには肌寒かったが、1時間も栗を探しながら拾っていたら、若干、汗ばむまでになった。

思いのほか、充実感を覚えた栗拾いである。

なお、妻の話では、スーパーで買っても、これぐらいの値段がするのではないか、とのこと。

花も実もある栗拾いであった。

帰宅すると、夕方の4時過ぎ。

あわてて、準備をしてスーパー銭湯にいき、サウナの中で放映されている野球中継を見た。

ちょうど、最終回の阪神の攻撃、1アウト2、3塁で、ゴメス選手、マートン選手を迎えるというエキサイティングな場面であった。

結果的には反撃ならず、巨人の勝利に終わり、次のステップに進むこととなった。

ぎりぎりで、いい場面を見ることができ、この点でも幸いであったと思う。


20151012.jpg


 

20 : 25 : 47 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

SIMフリースマートフォン「FLEAZ NEO」を9,800円(税抜)にて発売!

スマートフォンが普及してきました。
いまでは、全体的な風潮として、SIMフリーが重要視されつつある傾向が見られます。
さて、12月上旬より、SIMフリースマートフォンのブランド「FLEAZ」より、3Gベーシックモデル「FLEAZ NEO」が、店頭想定価格9,800円(税抜)にて発売開始いたします。
発売元は、株式会社コヴィアと株式会社コヴィア・ネットワークスです。
何と言っても、リーズナブルな価格が魅力ではありませんか。
低価格であるにもかかわらず、500万画素/200万画素のカメラ、1GB RAM/8GB ROM、1,700mAhバッテリーと、機能面には全く遜色はありません。
さらに、画面は視野角の広い4インチWVGA IPS液晶ですので、非常に見やすいです。
FOMAプラスエリアにも対応しています。
そればかりではなく、「FLEAZ NEO」はWCDMA規格SIMスロットを2基、搭載しています。
つまり、デュアルSIM仕様なのです。
Wi-Fi テザリングやBluetoothテザリング機能にも対応しています。
「FLEAZ NEO」の登場は、スマートフォンが進化したことを実感させられます。

コヴィア、4in小型サイズながら1,700mAh大容量バッテリーを搭載したAndroid 5.1搭載SIMフリースマートフォン「FLEAZ NEO」を9,800円(税抜)にて発売!


ドリームニュース・ブログメディア参加記事

09 : 53 : 46 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

10/11(日)

今日は、至るところで運動会をやっていた。

雨もようながらも、結果的には雨に見舞われることもなく、そういった意味では関係者も胸をなでおろしているに違いない。

近くの小学校では、居住地の自治会の運動会が行われていた。

私の家でも、子供が小さいときは参加してしていたが、さすがに最近は、とんとご無沙汰である。

わが家が出ていた頃の自治会の運動会は、競技ごとに賞品が出ていた。

サラダ油や石鹸や、食品ラップなど、実用的なものものから、子供の喜ぶお菓子もあって、結構、好評であったことを覚えている。

やはり、人間というのは、何らかの報酬があることで奮起の度合いが高まるのだろう。

最近は全く見聞きすることがなくなったが、高度経済成長期には、メーカーが新製品を出すと、販売代理店の担当者がそれをユーザーに販売するごとに、メーカーから報奨金がもらえる、という制度がはやっていたことがあった。

まだ、学生であった私も、アルバイト先でそんな場面を良く見ていた。

正規の給与以外での収入が得られるという喜び以上に、自分が達成した業績が形で評価される部分での満足感が大きく、結構、人気が良い制度であったように、私は受け止めていた。

ただ、中には、報奨金の金額を増やすことばかりに集中し、本来やるべき仕事を見失っていった営業員もいた、と聞いている。

最近、報奨金システムが姿を消したのは、そういった事情も背景にあるのかもしれない。

 
18 : 47 : 22 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

10/10(土)

本来なら、今日から3連休のはずであったが、今晩、仕事が入った。

相手先の人が、ハードワークをこなし、極端に言えば、正月3日しか休まないスケジュールで動いている人である。

そもそもは、こちらからのお願いで会ってもらうのだから、相手の都合に合わせるのは仕方ないことだと、あきらめる。

野球の巨人阪神戦を楽しみにしていたのだが、私がテレビ観戦したからといって、結果が変わるものではない。

仕事が終わって、電車の中で、スマホでチェックすればいい、と割り切った。


家の庭のサンシュの木に、赤い実がなっているのに気づいた。

すっかり秋だ。


20151010.jpg

14 : 53 : 46 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

11/10(火)

美しい夜景は、見ているだけで心が癒されます。
非現実的な世界を垣間見て、自分の感性がブラッシュプされたような気がするほどです。
夜景には、人のハートをつかんでしまう魅力が潜んでいます。
ベストイルミネーションを決める「第三回イルミネーションアワード」で、今年期待の新イルミネーションとして、2つの「特別賞」を発表いたしました。
まずは、四国レオマリゾートのレオマ光ワールドです。
日本一長い「光のトンネル」や西日本初の360度プロジェクションマッピング「Legend Palace」、汽車にマッピングを施した「Magical Night」など、見どころはあまりにも多いです。
二つ目は、東海の伊豆ぐらんぱる公園「グランイルミ」です。
伊豆と言えば別荘地として有名ですが、そこに、本格的なイルミネーションリゾート「グランイルミ」が生まれました。
深い海底へと続く「深海へのトンネル」やピンクのイルミネーションが広がる「ラブ通り」、そして、伊豆の海を演出した「海底浮遊する貴方とその仲間たち」は、そのイルミネーションの豪華さには、思わず息を呑んでしまいます。
いずれも、イルミネーションの持つ神秘さに魅了されて、時間の経つのを忘れてしまうこと必至です。
この世ならぬ美しい光景が展開しています。


発表!第三回イルミネーションアワード特別賞。今冬注目の新イルミネーション。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

09 : 35 : 59 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

声なき声

Author:声なき声
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Admax

忍者