1/31(土)

夕方、娘夫婦一家がやってきた。

豚シャブを一緒に食べるためである。

私は体調のことがあって、少し難色を示した。

今日も、スポーツドリンクと午後3時にバナナ1本と食べたきりである。

しかし、娘から「それぐらいは大丈夫!」の一言で決行することとなった。

自分の身に関係ないことだから、平気でそんな発言ができるのが、娘の特別な才能である。

なるべく、豚肉は食べないようにしたが、鍋をつついているうちに、久しぶりに「おいしい」という感覚を思い出した。

最後の雑炊ともなると、ますますボルテージが上がった。

食べ終わった後で、量が多過ぎたかな、との自責の念に駆られた。

久しぶりに食欲を感じたのはよかったが、明日が心配である。


スポンサーサイト
21 : 37 : 38 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

1/30(金)

今朝の目覚めは快適であった。

体の不調は感じなくなったとはいえ、食欲がない。

一昨日の晩にバナナを食べて以来、ご飯ものは口にしていない。

今朝も、半ば無理やり、バナナを食べて出てきた。

夕方からは、某団体の新年会。

コースものが出てきたが、最後のご飯は残してしまった。

そんなに量はないと思うのだが、食べたいという気が起こらないのである。

もちろん、お酒は飲まなかったし、飲みたいとも思わなかった。

もしかしたら、単なる食当たりではないのかもしれない。

しばらくは要注意だ。



21 : 14 : 23 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

1/29(木)

昨晩から、体調が思わしくない。

食欲がなく、倦怠感に覆われている。

寝入ってからも、何回も目が覚めて、下痢と嘔吐のダブルパンチであった。

おそらくは、食べものに当たったのだろう。

食べたいという気持ちも起こらず、たぶん、体も受け付けてくれないと思う。

昨晩、バナナ1本を食べて以来、いまだに何にも食べていない。

だから、仕事をしていても集中力がない。

スポーツドリンクを飲んで、脱水症状になるのを抑えるので精いっぱいだ。

健康には自信のあった私だが、昨年暮れの風邪といい、今回の食当たりといい、そろそろ年齢を感じ始めてきた。

かなり楽になってきたので、明日には元の状態に戻ると思う。


19 : 10 : 03 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

1/28(水)

19歳の女子大生が、77歳の女性を殺害した容疑が持たれている。

二人の接点は、77歳の女性が宗教の勧誘にきたことがきっかけだという。

最近は、宗教の勧誘もやりにくいと聞いた。

個人の家の郵便受けに、宗教勧誘のリーフレットを入れるだけでも、住民によっては「住居侵入罪だ」と警察に怒鳴り込んでくることがあるらしい。

確かに、わが家でも、もう5年ほど前からは、その手のチラシは全く入っていない。

宗教団体としても神経質になっているのだろう。

そうなると、宗教団体の側としては、少しでも関心を示してくれた人は貴重な有望顧客になる。

ましてや若い女性であれば、何の恐れも持たずに、部屋に上がってしまうだろう。

中東エリアでもなんでもなく、日本の普通の家なのだから、77歳の女性を責めるわけにはいかない。

そして起こったのが今回の惨事である。

こんな事件の防ぎようというのがあるのだろうか。


20 : 13 : 09 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

1/27(火)

講談師の旭堂南陵さんの講演を聞いた。

興味深い歴史のエピソードがたくさんあったが、一つ、全く知らない話を教えていただいた。

それは、「士農工商」という言葉の意味である。

そもそもは、”天下万民”とか”皆さん”といった程度の意味しか持たないのであるが、明治以降は、”武士が支配し、その下に農民、さらに、職人、そして、最後に商人という身分制度があった”と誤って解釈されてきた、というのである。

現に、私も、小学校でそう教えられた。

武士が威張っていて頂点に立ち、農民は年貢を納めるので2番目の位置を与え、職人は物作りをするので3番目、お金を動かすだけの商人は最下層に置いた、と学校で習った。

しかし、30年前からの研究で、そういった事実は全くなかったことが判明したらしい。

ネットで調べてみたら、そのとおりであった。

なんでも、今の教科書からは、「士農工商」という言葉は姿を消しているという。

昭和の時代に学校に行っていた私なんて、このことを知って全く新しい世界を見せられたような気がしてならない。

そのうち、「士農工商」という言葉も死語となってしまうのだろう。

昭和は遠くなってしまった。




21 : 09 : 32 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

1/26(月)

今日は会社の税務調査があった。

今日と明日の二日間である。

30年ほど前だと、昼時ともなれば、調査官を小ぎれいなお店にご案内して、昼食の接待をするというのが珍しくなかった。

20年ほど前からは、行き先がファミレスレベルになり、今日は、会社に弁当業者に配達してもらって、しかも、調査官には料金を負担してもらった。

顧問税理士からのアドバイスである。

利益供与となると、まずいのだろう。

なんでも、署の中で通達がでているらしい。

趣旨はもちろん理解できるが、息が詰まるような思いは否定できない。





13 : 47 : 25 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

1/25(日)

何気なく100均に行ったら、以前から探していた商品があった。

正式名は「ズボン用回転ハンガー」というが、同じものを以前に2回買っている。

フックが回転するし、止め具も移動させやすくて、使い勝手がいい。

また買おうと思い探していたのだが、品切れをしていたようで、店頭では見当たらなかった。

それが、きょう、たまたま行ったら並べてあったのだ。

もちろん、すぐに購入した。

しかし、そんなときに限って小銭を持ってきていない。

さらに不運なことに、手元には1万円札と5千円札しかなかったのである。

いくらなんでも、108円だけの支払いで5千円札はなかろうと思い、いずれは使うであろう、歯間ブラシとごみ袋も合わせて買った。

行き当たりばったりの生き方は、こういった買い物の場面でも出てくるのか。



20150125.jpg




17 : 02 : 30 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

1/24(土)

散歩中、ふと目にとまった光景である。

カモがゆったりと池に浮かんでいる。

水の上にいることを楽しんでいるかのように。

心の和む場面である。

ただ、ときどき、カモに餌を与える人がいるらしい。

野生のカモに人間が餌をやると、次第に、カモは自力で餌を獲得する能力を失ってしまう。

また、カモの場合は問題なかろうが、サルやタヌキだと、人間からもらえる餌を目当てに人家に押し入ってくるようになる。

野生動物との共生は、難しいものだ。

人間同士でも、宗教や文化が違えば、共に暮らすことでのトラブルは多発している。



20150124.jpg



14 : 24 : 38 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

1/23(金)

イスラム国に人質に取られている人の母親の会見があった。

まず驚いたのは、今回の事件が起こるまで、自分の孫が生まれていたことを知らなかったこと。

姓が違うというのは、いろんな事情があるだろうから触れないにしても、普通の関係なら、孫ができたら知らされてたはずである。

私の家でも、息子などは、学校を出て就職した後は、何の音沙汰もないが、それでも、子供が生まれたときはメールを送ってきた。

それが世間では普通だと思うが。

しかも、その母は、息子の奥さんのことを、「息子の嫁と名乗る女」と称するなど、不可解そのものである。

さらに、原子力の問題は、今回の件とは別次元の話だろう。

自分の息子の命がかかっているという極限状況にありながら、どうも、ピントがずれているような気がしてならない。

不思議な人だと思った。

19 : 19 : 13 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

「馬の学校 東関東馬事高等学院」の平成27年4月生の新規募集

高校にもいろんな特色を持った学校があります。
千葉県八街市の馬の学校「東関東馬事高等学院」は、高校生たちが競馬のレース出走に向けて、競走馬を育成することを授業の中に取り入れています。
競馬デビューする馬の世話を高校生が行うというのは、日本国内の高等学校の授業としては非常に珍しいと言わなければなりません。
また、東京都品川区にある明蓬館高等学校と連携しており、全寮制で少人数制の高等学校なのです。
この学校は、毎年約20名の生徒を募集しています。
今年、平成27年4月入学予定者の新規募集は、本来は、平成27年2月下旬が締切でしたが、3月6日(金)必着の願書受付分まで延長することとなりました。
馬に関係した仕事を目指している生徒には、これほど恵まれた環境はありません。
東関東馬事高等学院には、熱い視線が寄せられています。




競馬のレース出走に向けて、競走馬を育成する千葉県八街市の「馬の学校 東関東馬事高等学院」の平成27年4月生の新規募集は、平成27年3月6日(金)まで、延長して募集を受け付ける。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

20 : 14 : 11 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

1/22(木)

3年ほど前から、自分の部屋で電子時計を使っている。

中国で作られた時計であるが、正確に時を刻んでいる。

品質や機能での問題は全くない。

目覚ましにも使っているので、朝一番からお世話になっている。

温度も湿度も表示されるが、時刻の確認以外にはほとんど使っていない。

この電子時計は、ネットで1,000円以下の価格で買ったものである。

デフレだからか、値段も安い。

しかし、時計の指している時刻を見ながら、身が削られる思いをしている人も多かろう。

テロリストの示している期限が、刻一刻と近づいているのだ。


20150122.jpg




19 : 39 : 23 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

1/21(水)

某団体の新年会があった。

その団体では、今年のスローガンとして、
「千射万箭」(せんしゃばんせん)
を掲げている。

なんでも、弓道の言葉らしい。

千本や万本の矢を射るときでも、一つずつをおろそかにせず、真剣な気持ちでもって射なければならない、という意味なんだと聞いた。

含みのあるいい言葉だと思う。

車の運転でも、「千射万箭」の思いでもってハンドルを握れば、事故は激減するのではないか。

日常の親しい人との会話でも、「千射万箭」の気持ちがあれば、もっと相手とのコミュニケーションが円滑に行くと思う。

私自身に捧げられた言葉のような気がしてならない。



20150121.jpg



22 : 04 : 59 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

1/20(火)

テロリストのイスラム国に、日本人が拉致されて殺害予告をされているという。

もし事実だとすれば、これはゆゆしき事態である。

人命優先だとすれば、身代金を出さなければならないし、かといって、それがテロリストの活動資金になるのであれば、自分で自分の首を絞めているのと同じである。

しかし、正義を通すのであれば、テロリストの要求に屈服することなく、筋を通すべきである。

だが、そうなると、国民から人命軽視のそしりを受ける。

いずれにしても、正解はない。

思うが、彼らが危険な地域にあえて出かけていくことを自分でセーブできなかったのか。

シリアやヨルダンどいった危ないエリアに出かけていく必然性はなかったと思う。

それをしたところで、何の意味もない。

かといって、同じ国民として、彼らがそのまま殺されてしまうのはお気の毒だ。

「君子危うきに近寄らず」は名言だと思う。


20 : 54 : 25 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

1/19(月)

19歳「ようじ男」の逃走資金は生活保護費 「働かずに楽ができる」という人物がなぜ受給できるのか


「計15万3320円」って、大きな声では言えないが、私の受け取っている給料よりも多いではないか。

こんなニュースが報じられると、違法に生活保護を受けようと血眼になる人間も増えてくることだろう。

それにしても、犯罪者に対して、なぜこれほどまで手厚い保護をしなければならないのか。

なにか、合理的な理由があるのだろうか?

釈然としない。



20150119.jpg


とはいいながらも、会社の窓から見た落日には心が洗われる。

午後5時ちょうど。

この美しい光景は、すべてのものを許してくれる。



20 : 31 : 41 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

1/18(日)

昼食に、大阪王将の天津飯を食べに行った。

ここの「ふわとろ天津飯」は逸品である。

文字通り、ふわっとしてとろりとしている。

実は、食材に卵を使った料理は、あまり食べないように、医師からの指導を受けている。

だから、「ふわとろ天津飯」も、年に2回か3回しか食べない。

逆に言うと、食べに行くのが楽しみでならない。

あまりに心が弾み過ぎて、写真を撮るのを忘れたぐらいだ。

それほどおいしい。

なお、天津飯というのは、中国にはなく、日本で開発されたものだという。(wiki

和製の中華料理というところか。



16 : 35 : 15 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

1/17(土)

朝の散歩で、近くの大学に行ったら、センター試験をやっていた。

私が散歩で通るのは休日ばかりだから、サークルの学生か工事業者の姿しかないのだが、今朝は、多くの受験生がキャンパスを歩いていた。

顔を見ていると、にこやかな人が多い。

少なくとも悲壮感と緊張感で顔をひきつらせている人なんて見なかった。

もちろん、内心は高ぶる気持ちで一杯なのだろう。

人間というのは、崖っぷちに立っているときでも、案外、飄々としているのかもしれない。

プロ野球の日本シリーズでも、接戦のときのピッチャーなんて極限的緊張状態なのだろうが、テレビで見ている目には、いつもの顔と全く変わらない。

自分で感じているプレッシャーというのは、他人からは、そんなに感じられないものなのだろうか。




20150117.jpg


17 : 43 : 34 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

1/16(金)

会議中に缶コーヒーが出された。

実は、缶コーヒーは苦手な私であるが、出されたものを飲まないでおくのも失礼な話である。

暖をとる意味もあって、少し飲んでみたら、なかなか美味である。

コーヒーの苦さと甘さがうまくミックスしている。

コーヒーはブラック派の私であるが、この甘味は賞賛ものだ。

私の大好きなコンビニのコーヒーとは違った意味での美味が感じられる。

容器を見ると、”小さなご褒美”というキャッチコピーが目に飛び込んできた。

まるで私の心の内を見透かされていたようで、目をみはってしまった。

世の中には、しゃれた文章を考える人がいるものだ。




20150116.jpg


19 : 59 : 05 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

河井大志がサンクチュアリ出版社でイベントします!

自分で起業して、会社を作りたいとの希望を持っている人は、決して少なくありません。
しかし、現実には、なかなか起業というのは、難しいところがあるのが実際です。
そこで、河井大志氏は『プチ起業論』を提唱しています。
氏の『プチ起業論』には独自のものがあります。
それは、天才でも何でもない、ごく普通の人がいかにして起業・独立をして成功するのかというメソッドが具体的に示されているからです。
借金地獄でドン底を経験した人でないと成功できないわけでは決してありません。
そんなごく普通の人を対象にしたイベントが、2015年1月29日(木)の19時30分から、サンクチュアリ出版1Fイベントホールで、行われます。
定員は30名で、参加費は3000円です。
手の届く範囲の起業を理解するためにも有益なイベントだと思います。


ドリームニュース・ブログメディア参加記事


18 : 42 : 48 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

「志」を志で応援する クラウドファンディングサービス

DreamNews
今日のイチオシDreamNews


手数料0円のクラウドファンディング
「志」を志で応援する
クラウドファンディングサービス 株式会社ソーシャルイマジン





14 : 11 : 45 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

1/15(木)

「菓子に楊子」動画投稿、三鷹市の19歳少年と断定

「19歳」といえば、言い換えれば、20歳直前である。

年齢相応の分別はあって然るべき。

万引きや異物混入が、法律上もモラルの上でも許されないことは、当然わかっているはず。

それを隠そうともせず、自分の行動を動画でもって公開する神経がわからない。

誰にもばれずに万引きやいたずらができるスキルは評価できるかもしれないが、それが犯罪であるならば、看過できない。

日本国の法律にのっとって、処分されることが望ましい。


18 : 29 : 53 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

ITIL資格取得研修等の個人受験者応援キャンペーン&クレジットカード決済

現在注目の資格に、ITILファンデーションがあります。
"Infomation Technology Infrastructure Library"の頭文字をとったITILですが、現在、ITサービスの運用現場ではITILが取り入れられ、十分な効果が上がるように、より一層の改善を目指す動きが広がっています。
そこで、ITILに精通した人材を養成することが喫緊の課題となっています。
そんな経緯で、ITILファンデーションへの関心が深まってきてるのです。
株式会社IT&ストラテジーコンサルティングは、IITILや情報セキュリティに関する教育、研修を業務としている会社です。
今、同社は、ITILファンデーション試験の受験料が無料になるという、個人受験者&クレジットカード決済キャンペーンを展開しています。
個人の費用で資格の取得を目指している人に対して、クレジットカード決済で受講料を支払う方に対しては、受講料や試験料を最大22,572円割引くというキャンペーンです。
2月21日まで、このキャンペーンは行われます。
会社からの補助なしで個人で受験しようとしている人には、今がITILの資格にチャレンジする絶好のチャンスです。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事


11 : 04 : 28 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

新卒ラグビー部員限定のスカウト型就活サイト「ラガキャリ」

DreamNews
今日のイチオシDreamNews


業界初!新卒ラグビー部員限定のスカウト型就活サイト「ラガキャリ」 シンク・アンド・アクト株式会社




11 : 02 : 48 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

1/14(水)

とんど焼きに行ってきた。

日本の各地で呼び名のバリエーションがたくさんあるようだが、大阪では、「とんど」が一般的である。

実は、最近は、火災への懸念からか、だんだんと開催する地域が少なくなってきた。

ほんの10年前までは、家の近所の大きな公園で盛大になされていたが、それが中心になり、隣の町の公園に移った。

今年は、そこもやらないという。

市役所に電話をかけて尋ねたら、最も近いところが今日行った公園であった。

もっとも、市役所の人も、「私の把握している情報では・・・」という言い方をされていた。

おそらく、宗教的行事とは一線を画さないといけないというので、いかにも市役所が音頭をとってやっています、というニュアンスでは言えなかったのだろう。

最近は、環境汚染へを恐れてからか、燃やすものを「事前検査」するのである。

ダイダイもはねられたし、しめ飾りを括っている紐も持ち帰るように言われた。

時代が時代だから仕方ないのか。

ともかくも、気持ちの上では、これで正月が終わった。



20150114.jpg




20 : 48 : 51 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

1/13(火)

京都と大阪の道路標識に落書き フランス人の芸術家が関与認める


最初に映像で見たときは、ちょっぴりウイットも感じて面白いなと思った。

しかし、この落書きをした「実行犯」の主張を聞いて、たちまち興ざめした。

「標識は権力のシンボル」だというのである。

彼の理屈が通るなら、飲酒運転の禁止も権力による抑圧になる。

信号無視もご随意に、ということになれば、これは法治国家ではない。

交通事故が悲劇をもたらしている現状を考えると、彼の行為はいたずらの範囲を超えて、犯罪レベルになっている。

とても容認できない。

一日も早く、彼には日本から出ていってほしい。


20 : 03 : 45 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

1/12(月)

仏大行進、参加者は370万人超=「パリ解放」超え史上最高

「史上最高」のデモであったというから、国民的な高揚があったのだろう。

テロリストによる殺人が許せないのは当然である。

ただ、だからといって、異教徒の預言者を風刺漫画にすることに、どれだけの意味があるのだろう?

どんな人にも大事なものがあるはず。

それを漫画にして風刺するのも、思想表現の自由の範囲内のことなのか?

テロ行為が許せないのと同様、異教を見下すような態度も反省されるべきではないか。




17 : 43 : 07 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

1/11(日)

地元消防の出初式に出た。

消防署と消防団のきびきびした行動は、頼もしさを感じさせてくれる。

本来は火災の鎮火の仕事であったのが、昨今では、防災全般にわたって、取扱エリアが広がっているようだ。

それだけに、彼らの仕事の危険度も非常に高まっている。

消防職員の中には、公務中に怪我をした事例も少なくないという。

そういった人がいるからこそ、夜も安心して眠りに就くことができるのだと、感謝の念がわいてきた。

定例通り、一斉放水で出初式はお開きとなった。



20150111.jpg



16 : 29 : 47 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

アベノミクスが掲げる女性の活躍支援、「アメリカ企業にあって日本企業に欠けているものとは?」~元ライブドア社長・平松庚三氏インタビュー~

SNSが頻繁に利用されています。
いまや、個人の範囲だけでなく、企業がビジネス目的でSNSを導入している事例も少なくありません。
2015年1月5日、社内SNS成功事例を豊富に有する株式会社ビートコミュニケーションと、小僧com株式会社の代表取締役会長兼社長・平松庚三氏の「女性活用における日本企業とアメリカ企業の違い」に関するインタビュー内容は、大変に示唆に富んだものがあります。
女性活用のレベルが日米で違っていることを問われて、平松氏は、「アメリカにおいては、個人の能力を基準して、公平な制度や人事体系ができているので、女性の登用も問題なく進行している。日本は過去の慣習に縛られている面が多い。」と喝破しています。
そして、「政府の施策だからというのはなく、企業みずから率先して実行することが大切であり、経営者は女性活躍を実現する責任がある。」とまで言い切っているのです。
まさに、日本企業の今後の方向性に一石を投じた発言ではないしょうか。
アベノミクスの成功のためにも、傾聴に値する言葉だと確信しました。


ドリームニュース・ブログメディア参加記事

09 : 59 : 19 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑

1/10(土)

世間では、「今日から3連休」と言われている。

しかし、私の会社は今日は仕事である。

まだ、頭も体も十分に回転していないというのに、いきなり6日連続の仕事というのは、思いのほかハードである。

部署によっては、有給をとっている人も多い。

同じ立場の者が休んでいるのを目の当たりにすると、余計に疲れが出てくる。

・・・とか思いつつも、腰を据えて、帳票類の整理をすることができて、そういった意味では意義のある土曜日出勤であった。


16 : 45 : 12 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

1/9(金)

今朝は奇妙な夢を見た。

もっとも、寝ている間に見る夢なんて、ことごとく不可思議なものなのだが。

学校の卒業式の場面であった。

卒業式の前に、何らかの講義を受ける必要があったのだが、たしか、私はすでに卒業しているはず。

あえて、いま、受けなければならない必然性はない、と思いつつも、講義に出た。

周りを見ても、知っている人は誰もいない。

講義が終わって、いよいよ卒業式だ。

会場に向かう間、周囲を見ると、男性は羽織、女性も袴姿がほとんど。

スーツで来ている人なんて、誰もいなかった。

途中、広い部屋を見ると、証券会社のように株式が表示された大スクリーンが目に入ってきた。

今どきの学生は、株取引もやるのかなと思いつつ廊下を歩いていると、目覚まし時計の音がした、という次第。

私の深層心理が、この夢に現れているのだろうか?

ちなみに、睡眠中に夢をよく見るのだが、起きてからも覚えているケースは少ない。

しかも、朝の夢を夜になっても覚えているなんて、よほど印象的であったのだろう。


20 : 22 : 05 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑

1/8(木)

帰宅したら、郵便受けに年賀状が届いていた。

おそらく、私から出した年賀状への返信だろうと思って見てみたら、こちらからは出していない人なのである。

今日は8日で、関東では松の内が過ぎたタイミングだ。

拍子抜けの感がある。

少し迷ったが、こちらからは出さないでおくことにした。

寒中見舞いにすると、私の身内に不幸でもあったのかと思われるのはいやだし。

しかし、いろんな人がいるものである。


19 : 30 : 53 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

声なき声

Author:声なき声
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Admax

忍者