9/30(火)

私の勤務先には、とてつもなく仕事熱心な男がいる。

所定の時間内は、ムダ口は全くたたかず、ひたすら仕事に邁進している。

私が知っているだけでも、20年間は、その勤勉さを維持している。

しかも、仕事の内容は、ほとんどが事務処理で、いわば面白くもなんともない性質のものである。

それを、手を抜くことなくひたすら処理しているのだから、少なくとも、私には真似ができない。

何回かとなく、彼の負担を軽くするために、ほかの人に割り振る案が出てきたのだが、彼自身がそれを拒否してきた。

本来なら、人件費の安い若手社員にやらせたほうが、効率がいいと、誰しもが思っているのだが、口に出して言うものはいない。

いまや、そのジャンルの仕事は聖域になっていて、誰も口をはさめなくなった。

寝た子を起こすようなことはしたくないのだ。

私より少し若いだけの彼が、もし健康上の問題が出てきたら、後は、想像するだけでも恐ろしい。

そう考えると、彼の一途さは、大きなリスクをはらんでいることになる。



スポンサーサイト
20 : 31 : 49 | 日記 | page top↑

馬と共に生徒が成長する高校 「馬の学校 東関東馬事高等学院」では、10月より競走馬を育てる授業をスタートします。

世には、多種の学校があります。
珍しいところでは、千葉県八街市に「馬の高校 東関東馬事高等学院」があります。
馬と暮らし、そして学べる高校なのです。
同校が、平成26年10月より、競走馬育成訓練授業をスタートさせます。
この授業では、『牧場・厩務員コース』に所属する2年生の生徒6名が、平成27年度にデビューする予定の競走馬を育てることとなっています。
そのために、仔馬の飼育から初期の馴致調教を行うのです。
日本国内の高校の授業としては異例で、馬関連の職業を目指している生徒には、可能性を広げる大きなチャンスになります。
なお、同校は、馬の技術や知識を教え、馬業界のための人材養成の学校ではありません。
高校生としての基本的学力はもちろん、社会に出るために必要な社会人としてのキャリア形成を身につけさせることを目標に据えています。
競走馬を育てる高校<馬の学校 東関東馬事高等学院>は、荒廃した教育現場に何らかの示唆を与えています。


馬と共に生徒が成長する高校 「馬の学校 東関東馬事高等学院」では、10月より競走馬を育てる授業をスタートします。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事



14 : 42 : 25 | 情報 | page top↑

9/29(月)

面白い話を聞いた。

「貧乏はうつる」というのである。

貧乏人と付き合っていると、自分も貧乏になってしまう、と彼は熱弁をふるっていた。

話の発端は、某お得意先との取引のことで、最近、とてつもなく業績を落としていて、大丈夫かな、というところから来ている。

目下のところ支払いもちゃんとやっていただいているが、今後のことが心配だという。

とりわけ、彼が心配しているのは、その会社に迎えられた管理職の人は、実は、前の会社がリーマンショックで倒産して、それをきっかけに、今の会社に引き取られたという。

もしかしたら、貧乏神なのかもしれない。

そういえば、倒産専門の弁護士から、同じ話を聞いたことがある。

会社をつぶす人間の出すオーラが周囲に感染して、新しく入った企業でも、破綻を招いた例はたくさんある、と。

そんな実例があるのだから、非科学的だと鼻の先で笑うわけにはいかない。

狂犬病なら予防注射があるが、貧乏をやっつける薬というのは聞いたことがないし、困ったものである。






19 : 51 : 55 | 日記 | page top↑

9/28(日)

土井たか子氏が死去 元衆院議長、85歳


お亡くなりになった方を批判するのは、非礼の極みかもしれない。

しかし、自分の主張する思想が首尾一貫していない政治家や運動家は、私は評価に値しないと考えている。

憲法九条を理想として高く掲げ、平和運動の最前線に立っているかのごとき発言を繰り返していたが、社会主義インターナショナルの総会では、湾岸戦争支持決議に挙手して賛成しているのである。

憲法九条が自分の価値観として大切であるなら、賛成すべきではなかっただろう。

これは、政治家としては看過できない失態であったと私は考えている。

また、自分の選挙区の近くに建設された神戸空港に関しても、賛意を表明している。

あまりもブレ過ぎではないか。

・・・とはいうものの、故人となった今は、彼女の御霊の安からんことを祈るのみである。




18 : 37 : 23 | ニュース | page top↑

9/27(土)

会社のゴルフコンペがあった。

春と秋にやっていて、もう、40年以上も続いている。

伝統行事と言っていいかもしれない。

最初は純粋に社内の人間だけであったのが、いつの間にか、OBや取引先の担当者も参加するようになってきた。

ゴルフをやらない私であるが、なぜか、最後のパーティーには出て、締めの挨拶をして、会社のカードで支払いを行う担当となっている。

夕方に行けばいいだけ・・・と言われればそれまでだが、思いのほか、厄介なのである。

ゴルフ場までは約1時間はかかると見て、想定されるパーティー開始時間までには、現地で待機しておかなければならない。

そうすると、今日の場合は、午後3時に家を出て、4時にゴルフ場に着いたものの、実際にパーティーが始まったのが、5時半であった。

もちろん、そういったことは想定済みで、持っていった本を読むか、スマホで遊ぶかして、時間調整をした。

きょうも、午後1時ぐらいにゴルフ場のフロントに電話を入れて、様子を聞いてみたところ、
「おそらく、午後4時半ごろにはパーティーは始まると思います」
との返事であった。

しかし、実際には、かなり進行が遅れてしまったのである。

こればっかりは仕方ない。

終わったときには、すっかり日が落ちてしまっていた。

真っ暗な細い山道を走って帰って、帰宅したのは午後7時過ぎ。

ほとんどが「待ち時間」と「運転時間」のゴルフであった。


21 : 52 : 31 | 日記 | page top↑

9/26(金)

会社での、若手社員の研修会を、ちょっと覗かせてもらった。

簡単に言うと、チーム分けしていって、ライン作業をし、目標時間内に仕上げることを競うという内容である。

各チームごとで「どうすれば作業効率を上げられるか」を討論し、リーダーがそれをまとめて、徹底させていくのである。

講師のアドバイスには、勉強になるものがたくさんあった。

中でも、
「精神論では生産性は上がりませんよ」
というのが、最も印象に残っている。

そうだと思う。

「がんばれ!」や「根性を見せろ!」は、その言葉が必要なタイミングもあるが、1年365日を通して維持することは無理である。

それよりも、具体的な作業のやり方を改善するほうが、明らかに有効である。

人間がいくら努力しても、空を飛ぶことはできない。

しかし、飛行機やヘリコプターのように、空を飛ぶ機械を作ることはできるのである。

見ているだけでも、有益な研修であった。



20 : 46 : 03 | 日記 | page top↑

みたチョくじで、レア商品をゲット!

地震や大雨、津波などといった災害は、いつ起こることかわかりません。
一般社団法人全国防災共助協会は、人々の防災に対する意識の向上、そして、災害時の対応の指導による減災の実現を目指して活動しています。
同協会では、電波がなくても避難誘導できる、防災ARアプリ「みたチョ」を用意しています。
今回、ここに新たに機能が追加されました。
もともとの機能は、防災ARアプリ「みたチョ」でみたチョボダンを押し、防災AR啓発ステッカーを覗くと動画が現れてきて、それを見ることでポイントが貯まるシステムになっています。
このたび、その後「みたチョくじ」が起動して当たったら、商品がプレゼントされる、というのです。
レアな商品が当たって、できるだけ多くの人がアプリをダウンすることで、災害時の減災につなげようとの狙いがあるのです。
防災ARアプリ「みたチョ」で自分たちの安全を守りましょう。


みたチョくじで、レア商品をゲット!



ドリームニュース・ブログメディア参加記事


12 : 42 : 04 | 情報 | page top↑

9/24(水)

「チンする」9割に浸透=慣用句は誤用が増加―国語に関する世論調査・文化庁

「チンする」は90.4%、「サボる(怠ける)」は86.4%が使うと回答。世代を問わず定着していた。


私も、ごく普通に使う。

ただ、「サボる」の本来の意味は、労働争議で機械を破壊する活動のことを意味するらしい。(wiki

授業をすっぽかしたり、仕事中にネットでプロ野球の経過を見るといったような、そんな可愛いレベルのものではないようだ。

それはともかく、最近は、「犬にえさをあげる」といった表現にも、私は抵抗を感じなくなってきた。

聞き慣れたからか、あるいは、犬の記録が綴られたブログを見るようになったからか。

なんでも、最近は、童謡の『桃太郎』の歌を
「あげましょう、あげましょう」
と歌う、とのこと。

「やりましょう、やりましょう」
という本来の歌詞にとってかわったようだ。

「やる」という言葉に、上から目線を感じる人がいるからだとの説も耳にした。

かく言う私も、孫娘には、「お菓子をあげるから・・」と平気で言っている。

言葉は変わりつつあるものだから、仕方ない。

しかし、コンビニの「よろしかったでしょうか?」には、ずっと違和感を覚えている。

おそらく、今後もその感覚はかわらないと思う。



21 : 16 : 52 | 日記 | page top↑

9/23(火)

最近、テレビのCMを見ていて不快に思うものがある。

この会社のCMである。

このブログで、半年ほど以前にも記事にしたが、この会社は役所時代の対応を、そのまま今も引きずっていて、それの言い訳をしているように思えてならない。

「柔軟な対応ができない」ことを、この宣伝の中では「バカまじめ」と表現している。

こんな言い換えをすると、世の中のまじめな人がお気の毒だ。

この宣伝は、私のようにあまりテレビを見ない人間でも知っているぐらいだから、相当な本数を流しているのだろう。

その経費は、結局は、ユーザーが負担しているのである。

こんな自己保身のコマーシャルを、巨額の費用を投じて打つぐらいなら、現実的なレベルで、利用者の便を考えたサービスに力を入れてほしい。

ひと月前にもあったが、帰宅すると不在配達届が入っていて、即、コールセンターに電話したものの、話し中でつながらない。

電話の再送機能を使って何度も繰り返して連絡して、35分後にようやくつながった。

再配達の時間を尋ねてみたが、オペレーターでは全くわからない、という返事。

黒い猫をイメージキャラクターにしている宅配業者だと、ドライバーに直接電話するので、そのへんの融通がきく。

急ぎのものであったので、こちらとしても早くに届けてほしかったので、結局、ずっと待たざるを得なかった。

この会社も、同業他社のサービスをよく観察して、いいものは取り入れるべきだと思うのだが、その行動は「マジメ」ではないとみなされるのだろうか。





20 : 39 : 29 | 日記 | page top↑

9/22(月)

使うと恥ずかしい!? 年代を感じる昭和な名詞1位「アベック(カップル)」

1位 アベック(カップル) 29.6% 2位 乳母車(ベビーカー) 22.9% 3位 パーマ屋(美容院、ヘアサロン) 21.9% 4位 メリケン粉(小麦粉) 18.6% 5位 国鉄(JR) 14.2%


さすがに、「アベック」は私も言わない。

かといって、「カップル」という言葉も、なんだか気恥かしくて口にできない。

普段から、男女の二人連れという場面とは縁が無いからだろう。

さて、2位の「乳母車」は、私は意識して「バギー」と言うようにしている。

約30年ほど前に、初めての子が誕生したときに、「バギー」という言葉を覚えて以来、ずっと「バギー」で通している。

いまさら、「ベビーカー」とか「乳母車」と言うには抵抗を感じる。

wikiによると、要は、3者は同じものらしい。

なお、引用の記事にはあがっていなかったが、「脱脂粉乳」「栄養失調」なんて言葉も、二十歳以下の人には通じないかもしれない。

小学校の給食のとき、同級生で、どうしても脱脂粉乳が飲めない子が何人かいた。

味覚の点では著しく評価が低かった。

しかし、ずっと秘密にしていたのだが、私は、脱脂粉乳が実は好きであった。

ただ、当時の子供たちの間では、それは口に出して言えない雰囲気があったのだ。

変人呼ばわりされて、もしかしたら、いじめの対象になっていたかもしれない。

小学生の世界も、結構、厳しいのだ。


19 : 40 : 06 | 日記 | page top↑

「会計事務所決算品質大賞」も開催。フリーウェイジャパンは、「会計事務所博覧会2014」に出展します。

会計事務所向けに、財務会計ソフトウェアの販売や開発を行っている株式会社フリーウェイジャパンがあります。
同社は、11月26日(水)と27日(木)に行われる「会計事務所博覧会2014」に出展いたします。
この博覧会は、今、同業他社との競争が熾烈化している会計事務所の業界で、他の事務所との差別化を図っていくためのシステムやノウハウを集めたイベントなのです。
博覧会は、今回が初の開催となります。
フリーウェイジャパンとしては、会計事務所の新規クライアント開拓、コストダウン、業務の効率化に貢献する「フリーウェイシリーズ」を展示、アピールする予定です。
会計事務所博覧会2014は、同社の製品の優位性が高く評価される絶好のチャンスです。
来場者の反応が期待されるところです。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事



09 : 36 : 27 | 情報 | page top↑

9/21(日)

昨日の続きになるが、わが家にやってきた息子夫妻を、私の妻は、ベビー用品のショップに連れていった。

運転手として、私にも声がかかった。

息子の嫁が妊娠していて、11月半ばが予定日なのである。

私の妻にしてみれば、生まれ来る予定の孫のために、できるだけのことはしてやりたい、との気持ちで一杯なのだろう。

ただ、息子の嫁にしてみれば、恐らくは、義母との買い物というのは、必要以上に気を使ったのではないか。

買い物を終えて、さあ帰ろうというとき、妻が
「お茶でも・・・」
と口にしたとき、息子がとっさに、
「(嫁を指しながら)疲れているみたいやから・・・」
と言って、やんわりと断った。

こんな気遣いができるようになったのかと思うと、うれしくなった。

息子に大人の顔を見た一瞬であった。


21 : 31 : 52 | 日記 | page top↑

9/20(土)

川崎市に住んでいる息子夫婦が遊びに来るというので、新大阪の駅まで迎えに行く予定であった。

新大阪着が午後7時という予定であったので、30分ほど前に、妻と一緒に家を出たら、息子から妻のスマホにメール。

「到着時間を1時間勘違いしていて、6時に着いてしまった」という。

結局、1時間を待合室で過ごしたらしい。

そういえば、息子は、学生時代に、携帯を2回も紛失した経験を持っている。

どこか抜けているところは、やはり、私の息子なのだと、しみじみ思った。

血は争えない。
22 : 11 : 12 | 情報 | page top↑

9/19(金)

勤務先の中国上海事務所の人が、会議で当社にやってきた。

中国出身の人で、いままで、長く日系企業に勤めていたこともあって、日本語は相当に堪能である。

とはいうものの、メールの文章などでは、たとえば敬語の使い方が微妙に違っていたり、会話でも、専門用語が日本語では出てこなかったりする。

もっとも、最近は日本人でも、珍妙な言葉を使う人が増えてきたが。

今日、会話の中で、彼から、
「A社にはあまりに厳しい条件を言うよりも、お互いに”楽しく”やっていきたいと考えています。」
との発言があった。

「A社」というのは、得意先でもあり、仕入先でもある会社なのだが、最近、細かいところで、契約書と違う動きをしてきているのである。

日本側としては、目くじらを立てることはないものの、契約で決まっているとおりに実行させるべきだとの意向が強かったのだが、彼は、
「表に出ていないところで、A社には難しい仕事をやってもらっているのです。」
と主張するのだ。

そして出てきた発言が”楽しく”であった。

一瞬、違和感を感じたのだが、日本側が誰も反論をしなかった。

おそらく、”楽しく”を”気持ちよく”と置き換えて、解釈したからではないかと思う。

少なくとも、私自身はそのように理解した。

それで思い出したが、最近、スポーツ選手が試合後のインタビューで、
「楽しくプレーできました」
という言葉を頻繁に使っている。

オリンピックレベルの試合なら緊張感の塊のはずで、
「楽しい」なんてあり得ないと思っていたが、これも、
「気持ちよくプレーできました」
と理解すれば、自然に耳に入ってくる。

今までの疑問が氷解したような気がして、うれしかった。

しかし、日本語は変わりつつある。



20 : 57 : 49 | 日記 | page top↑

9/18(木)

独立問う住民投票始まる=19日午後にも結果判明―大接戦高い関心・スコットランド


そもそも、スコットランドそのものが国家であるのか、そうではないのかが、私にはよくわからない。

英連邦を構成する一つの国だと思っていたが、wikiによると、
「スコットランドは独立国家ではなく、国際連合および欧州連合の直接の構成国ではない。」
とある。

だからこそ、今回の独立騒動が起こったのだろうが。

一体、どちらなんだろう?

それはともかく、もし投票の結果、独立が選択されたら、どういった影響をもたらすのだろうか?

私のような無知な人間にとっては、今回の一件で、あのショーン・コネリーがスコットランド出身であったことを知ったぐらいのものである。

中学生の時、映画の「007シリーズ」はよく見たものだ。

洋画でこれほどエキサイティングな映画は、ほかになかったと思う。

このニュースで、約50年前にタイムスリップできた。



19 : 16 : 02 | ニュース | page top↑

RAUL株式会社が、パソコンの高速化ソフトの松風チューンと提携 東日本大震災の復興支援の一環として、売上の一部を被災地へ寄付及び被災企業に無料提供実施 http://kousokupc.com/

ネットが発達した時代にあって、パソコンは、なくてはならぬ必需品の一つとなりました。
会社でも家庭でも、パソコンでもって事を進めるのが普通となっています。
ただ、長く使っていると、パソコンのスピードが落ちてくるのは避けられません。
急いでいるときにパソコンの反応が遅ければ、本当に困ってしまいます。
そこで朗報です。
このたび、RAUL株式会社が、パソコンの高速化ソフトの松風チューンと提携をいたしました。
そして、9月1日より、東日本大震災の復興支援の一助たるべく、売上の一部を被災地へ寄付する、あるいは、被災企業には1社3ライセンスの無料提供を行っているのです。
このパソコンの高速化は、オートチューニング機能とワンクリックメンテナンス機能を実装しています。
ですから、誰でも簡単にWindowsの安定・高速動作性を改善できるのです。
実に画期的なソフトです。
この寄付と無償供与という行為によって、被災地の人も、復興への自信がさらにわいてきたに違いありません。


RAUL株式会社が、パソコンの高速化ソフトの松風チューンと提携 東日本大震災の復興支援の一環として、売上の一部を被災地へ寄付及び被災企業に無料提供実施 http://kousokupc.com/


ドリームニュース・ブログメディア参加記事


17 : 17 : 51 | 情報 | page top↑

9/17(水)

もう半年以上も前になるが、通勤帰りの道沿いにコンビニができた。

その道というのは国道で、かなりの交通量がある。

コンビニ側としては、当然、集客を狙って、その場所にオープンしたのだろう。

ただ、国道を運転している側としては、少々、困っている。

今日も経験したが、私の前を走っていた4トン車が、そのコンビニが近づくと急に指示器を出し、減速したのである。

もちろん、コンビニに入るためだ。

しかし、歩道には人が通行しており、しばらく、そのトラックは停車したままである。

後続車は、じっと待っていなければならない。

時間にすればわずかなものだが、フラストレーションが溜まるのは避けられない。

警察の人の話によると、コンビニで用事を済ませて出ていく車との衝突事故が多い、と聞いた。

しかし、コンビニに入る車も、事故の可能性を秘めていることは間違いない。



18 : 34 : 47 | 日記 | page top↑

9/16(火)

全盲生徒蹴った疑い 知的障害の男を容疑者と特定

男は知的障害があり、受け答えが困難という。県警は傷害容疑で刑事責任能力の有無を任意で調べている。


被疑者が「知的障害者」とわかった時点で、大手メディアでの報道はすっかり鳴りをひそめてしまった。

全盲少女が蹴られた、という事件が起こった当初は、あまりテレビを見ない私でも、この事件のことは何度となく耳にした。

そして、「卑劣」「悪質」といったフレーズも聞いた。

そもそも、この事件が起こった当初から、胡散臭いものを感じてならなかった。

普通の人間なら、仮に視力障害者の白い杖が自分の体に当たったところで、せいぜいが、愚痴をこぼす程度だろう。

事情がわかれば、ハンディを持っている人を怒鳴ったりはしないだろうし、ましてや蹴りを入れるレベルまでのことはしないはず。

しかし、今回の被疑者は、我慢ができなかったのである。

とはいえ、彼に、「白い杖」や「点字ブロック」の意味を理解させることは、実際には無理だろう。

おそらく、誰にも模範回答なんて出せないはず。

メディアがだんまりを決め込むのも、仕方ないだろう。




19 : 10 : 24 | ニュース | page top↑

しゃべり下手も大歓迎。スーパープレゼンなんていらない!(書籍プレゼント付) 9/26(金)夜、増沢隆太 東工大特任教授による「戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」」出版記念セミナー開催。

DreamNews
今日のイチオシDreamNews


しゃべり下手も大歓迎。スーパープレゼンなんていらない!(書籍プレゼント付)
9/26(金)夜、増沢隆太 東工大特任教授による「戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」」出版記念セミナー開催。 株式会社RMロンドンパートナーズ




13 : 10 : 10 | 情報 | page top↑

行政主催で国内最大級国際交流イベント、国際都市おおたフェスティバルin「空の日」羽田9/27(土)、約100人の通訳待機、多言語まち歩きツアー、多言語カフェ、忍者&殺陣ショーなど盛りだくさんで開催

DreamNews
今日のイチオシDreamNews


行政主催で国内最大級国際交流イベント、国際都市おおたフェスティバルin「空の日」羽田9/27(土)、約100人の通訳待機、多言語まち歩きツアー、多言語カフェ、忍者&殺陣ショーなど盛りだくさんで開催 国際都市おおたフェスティバルin「空の日」羽田実行委員会・大田区




09 : 25 : 56 | 情報 | page top↑

9/15(月)

今日は、公私ともに予定が入っていなかった日である。

だから、のんびりする計画を立てていた。

朝は散歩のコースを延長して、喫茶店かレストランでモーニングを食べ、昼からはスーパー銭湯に行って、軽く喉を潤しながらの夕食をそこで済ませ、帰宅してからはテレビでも見て・・・・のつもりであった。

しかし、昨晩に、妻から、明日、孫娘を海遊館に連れていくので、最寄りの駅までの送り迎えをしてほしい、と言われたのである。

なぜか、私は海遊館に行くメンバーに入っていないのだ。

「送り」はともかく、「迎え」となると厄介である。

小さな子がいるので、「何時に帰ります」ということが予測できないのである。

ということは、私は家でずっと、妻からの連絡を待っていなければならない。

結局、「あと50分で駅に着く」とのメールが来たのが午後1時40分。

ということは、午後2時30分には最寄りの駅にいて、車で待っておくことになる。

少し早めに着いて待っていたが、妻と孫がやってきたのは、3時を堂々と回っていた。

結局、送り迎えだけで、今日一日を使ってしまったようなものである。

なかなか、のんびりはさせてもらえないものだ。



20 : 34 : 11 | 日記 | page top↑

9/14(日)

きょうの『たかじんのそこまで言って委員会』で、パネリストのひとり、東京新聞の長谷川氏が、
「朝日新聞をやめて、東京新聞に流れてくる人が増えてきました。
東京新聞は、朝日よりも左の新聞ですから。」
という意味のことを発言していた。

ジョーク半分だろうから、真剣に考えることもないのだろうが、本当だろうかと思う。

そもそも、思想的に自分に合っているから、という理由で新聞を読む人なんて、ごくわずかだろう。

たいがいは、販売店の勧誘で、マヨネーズや食品ラップやしょうゆなどを山ほどもらって、機嫌よく、その新聞を購読しているというのが大半ではないか。

中には、プロ野球の観戦チケットをせしめた人もいるらしい。

今回の騒動で、朝日新聞の購読をやめた人は多かろう。

だからといって、次は東京新聞を読むという行動をとるかどうかは疑問である。

仕事で役に立つからという動機で、日経新聞を選択して読んでいる人は多い。

しかし、日経以外の新聞は、単に、販売店の営業攻勢によって、たまたま読んでいるにすぎないと思う。

ちなみに、わが家では、新聞は購読していない。

ニュースは、テレビとネットで、タイムリーにチェックできるから。





19 : 54 : 05 | 日記 | page top↑

9/13(土)

ある会合で、たまたま獣医をやっている友人と隣り合わせなった。

今年の夏はあまり暑くなかった、という話を切り出したら、「そういえば、今年は犬の熱中症がなかった」と彼は言う。

なんでも、暑かった昨年などは、頻繁にぐったりした犬がやってきて、うち、3頭はすでに死んでいたそうである。

去年は、真夏の昼間に、車の中に10分も閉じ込められれば、犬にしてみれば致命傷になったらしい。

夏の暑さで困るのは人間だけではなかった。

今年の涼しい夏は、そういった意味では、犬にとっても有難かっただろう。

犬だけはないが、ペットが本当に可愛いのなら、最低限、車に放置するようなマネはすべきではないと思う。




22 : 25 : 51 | 日記 | page top↑

9/12(金)

今日、仕事でお目にかかった人は、この夏に大阪に転勤してこられたばかりということであった。

名古屋市のご出身で、ときおり関東圏への転勤はあったものの、ほとんどが名古屋市内での勤務で、大阪は初めてらしい。

ちょうど、私より12歳下で、干支がひと周り違うことも手伝ってがすっかり意気投合し、いろんなお話を聞かせていただいた。

彼が言うには、大阪に来て最も驚いたのは、駅前で配布されているティッシュを受け取っていく人が多いことなんだそうである。

私なんか、消費者金融であろうが、コンタクトレンズであろうが、利用する可能性がほぼ皆無であっても、ティッシュだけは当然のごとく、頂戴していく。

それが当たり前のことだと思っていた。

現に、ほかの大阪人の様子を見ていても、受け取りを拒否している場面は、あまり見かけたことがない。

そのお話を聞くまでは、「ティッシュを3個も一度に手渡して、バイトを首になった」という話を聞いて、バイト君がなぜ3個もまとめて渡すのか、その意図がわからなかったほどである。

大阪以外の地域の人は、業者がまいているティッシュをあまり受けとらないなんて、今の今まで知らなかった。

私にとっては、新しい発見である。



21 : 04 : 19 | 日記 | page top↑

9/11(木)

<朝日新聞>吉田調書の報道で誤り認める…社長、引責辞任へ

木村社長は「編集部門を含む抜本改革などに道筋を付けたうえで、自らの進退を決断する」と述べ、辞意を表明した。


「従軍慰安婦強制連行」に続いての大誤報訂正である。

社長が辞任したところで、問題の本質的解決になるわけでもなんでもないが、一応は、責任を取ったポーズを示したことにはなる。

いずれの誤報についても、あまりに悪影響が大き過ぎる。

訂正すれば済むという次元の問題ではない。

もし本当に誤報についての反省の意思があるなら、「しばらく休刊」ぐらいの措置をとるのが、普通だろう。

報道をなりわいとしている会社なのだから、重大な誤報を連続した場合は、当然ではないか。

食中毒を出した飲食店だって、何日間は休んでいるではないか。

社長を入れ替えて幕引きできるとでも思っていたら、あまりに世間を甘く見ている。

いま、朝日新聞の良心が問われている。


21 : 07 : 16 | ニュース | page top↑

「趣味・特技・ノウハウを収益化」セミナーDVD販売開始!【一般社団法人ライフスタイルスポーツ協会】

DreamNews
今日のイチオシDreamNews


「趣味・特技・ノウハウを収益化」セミナーDVD販売開始!【一般社団法人ライフスタイルスポーツ協会】 一般社団法人ライフスタイルスポーツ協会




15 : 07 : 42 | 情報 | page top↑

9/10(水)

「小僧寿し」や「京樽」…… 不振の続く「持ち帰り寿司」に未来はあるのか?


言われてみて気がついたが、最近は、「小僧寿し」のCMもやってないし、お店も見なくなった。

ちなみに、わが家では、大晦日の夕食は、必ず、持ち帰り寿司である。

近所の某スーパーに入っている寿司職人さんが作っている、なかなかの評判の寿司だ。

予約が必要なぐらいである。

私が受け取りに行くときは、妻から、「斜めにするな。形を崩すな。」と細かいところまで、命令される。

おそらく、わが家では、持ち帰り寿司を食べるのは大晦日だけだと思う。

それ以外は、ほとんど回転寿司に食べに行く。

鮮度がいいし、後片付けもいらない。

楽である。

もしくは、家に来客があってお寿司でも、という場合は、宅配寿司を注文する。

だから、持ち帰り寿司は、年に1回だけということになる。

そう考えると、持ち帰り寿司業界が斜陽なのも、時代の影響ではないかと思う。

新聞の購読数も激減しているというが、これもITがこれだけ発達した時代なんだから、やむを得ない。

「朝日新聞」のあの誤報問題は関係なく、新聞離れは進んでいくことだろう。






18 : 59 : 35 | ニュース | page top↑

9/9(火)

コンビニ店員に土下座させ動画投稿、39歳無職男を逮捕

店員らを脅して、土下座させるまでのやり取りがインターネットの動画サイトに投稿され、悪質な振るまいにネット上で批判が殺到。店側が同署に被害届を出していた。


動画を見れば一目瞭然、この連中のやっていたことは、下劣な犯罪である。

しかも、脅迫罪や窃盗罪、暴行罪はじめ、複数の罪が集積されている。

893の言動と全く変わらない。

もしこの動画が投稿されていなければ、コンビニも被害届を出さずに、泣き寝入りになっていたのだろうか。

それを考えると、世の中には、この手の犯罪が実は多発しているのだと推測される。

ただ、客商売だから、あるいは確たる証拠が無いからというので、あきらめている被害者が少なくないはず。

それにしても、自分で自分の犯罪を白日のもとにさらしたのだから、動画を投稿した人って、よっぽどの粗雑な思考しかできないんだろう。

一日も早く、ほかの仲間も逮捕して、社会から隔離してほしい。

大阪のゴミそのものである。


20 : 52 : 52 | ニュース | page top↑

9/8(日)

金曜まで出張→土日は現地で観光地めぐり・・・わざわざ上司に相談する必要あるの?

どうやら、黙って出張を「延長」するのは、会社員としてリスクが大きいようだ。ここは、上司の許可を得ておくのが安全といえそうだ。


取材した弁護士のお考えは、論理としては正しいと私も思う。

法律論では、そのとおりだ。

ただし、会社命令の出張を自費で延長しているというのは、、私の勤務先では、ごく普通に行われている。

私の会社では、50年前からのしきたりで、表向きはともかく、会社の出張ついでの帰郷というのは、ごく普通に行われていたのである。

結局、会社としての負担額が変わらないのだから、一緒ではないか、というロジックが働いているのだろう。

今まで事故もなかったので、何ら問題になったこともない。

私が、「今後は、申請通りの日に帰ってくるべきだ」などと主張したら、当社では余計に混乱が起きるだろう。

知らんふりをしているのがベストである。

先日、警察庁の担当官が「パチンコで換金が行われているのは全く存じていない」と答弁したことが批判されている。

しかし、それは、大人の対応だと思う。

もし警察の責任者が三店方式を知っていると表明してしまえば、「賭博をやっているのに、なぜ取り締まらないのだ」と批判を浴びるのは火を見るより明らか。

パチンコは一切やらない私だが、法律であまりに杓子定規に解釈してしまうと、世の中はうまく回らないものだ。




19 : 23 : 13 | 日記 | page top↑

期間限定で今年も販売!愛され続けて24年のロングセラー! “2015極楽ねこカレンダー”発売! ~毎日かわいいニャンコを楽しめる“日めくり”タイプ~

気が早いと思われるかもしれませんが、来年のカレンダーのお話です。
すっかり恒例となりました「極楽ねこカレンダー」が、今年も売り出されます。
今年で、もう24年目となりますから、これは驚きですね。
当初から、“日めくり”のスタイルは踏襲しております。
毎日、新しい猫の姿が見られるのです。
今回も、一般応募者によるフォトコンテストの入選作365点で作成されました。
可愛い猫のしぐさをみていると、猫好きでなくても、頬が緩んでしみます。
この「2015極楽ねこカレンダー」は、9月8日(月)~11月14日(金)の期間限定で販売されます。
1冊2,000円です。
会社の事務所でも自分の部屋でもサークルの部室でも、きっと、見る人すべての心を和ませてくれることでしょう。




期間限定で今年も販売!愛され続けて24年のロングセラー!<br />“2015極楽ねこカレンダー”発売!<br />~毎日かわいいニャンコを楽しめる“日めくり”タイプ~


ドリームニュース・ブログメディア参加記事


13 : 16 : 16 | 情報 | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

声なき声

Author:声なき声
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Admax

忍者