単なるパフォーマンスだと思う

消費税法案が衆議院で可決された。
民主党からは57人もの造反があり、鳩山氏もその一人であることは、何回も報じられている。
しかし、首相を降りたときに「国会議員もやめる」と言っていた人が、この期に及んで造反に加わるなんて、納得しがたい。
普天間基地や二酸化炭素、イラン訪問など、この人をめぐっての非常識な言動を思うと、今回の造反も、一種のパフォーマンスにすぎないのではないか。
次期選挙では、下手すれば落選のうわさもあるほどの不人気。
なんとか、「私は消費税に反対しました」と世間にアピールして点数を稼ぎたかったのではないか。
だから、鳩山氏が離党することは、ほぼ100%ないと見ている。
今朝のニュースでのコメンテーターも全く同じことを言っていた。
議会制民主主主義は、思わぬ結果を生み出すものだ。

スポンサーサイト
07 : 36 : 16 | 政治 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声
FC2ブログへようこそ!

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、千里ニュータウン在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する