2月26日(日)

スーパー銭湯に行った帰りに、そこの売り場でバナナを買った。

前回、初めて買ってみたら、なかなかおいしかったからである。

いつもは、近くの食品スーパー、もしくは総合スーパーでバナナを買っている。

しかし、なぜか、シュガースポットができていても甘さが足りなかったり、あるいは、身が固いままということもあって、満足できない。

その点、行きつけのスーパー銭湯で買ったバナナは、甘くて、それでいて、一房が100円か110円という安さだから、気に入っている。

物価の優等生と言われてはいるが、バナナの値段には格差がある。

その差というのは、栽培されている場所の標高によって生まれてくると聞いたことがある。

標高が高いところで育てられると、どうしても成長に日数がかかるので、その分、余計にコストがかかる。

だから、値段が高くなるらしい。

そのかわり、甘さもあって、しかも、栄養分も多いという。

この理屈から行くと、スーパー銭湯のバナナはかなり甘いのだから高地栽培と思われ、本来は値段が高いはずだが、実際は、私のいく店の中では一番安い。

そして、総合スーパーの甘さのないバナナは低地栽培のはずだから、値段は安くていいはずだが現実には高い。

私の生活圏での事情は、どうも違っている。

バナナの好きな私にとっては、安定的にお店で買えるというのが最重要である。

いっときのバナナダイエットブームのときのように、売り場からすっかり姿を消してしまうような事態が起こっては困る。

なお、サルがバナナが好きなところから、人種差別のシンボルとしてバナナが使われることがあるらしい。

何年か目のサッカーの試合で、サポーターがバナナを振って応援し、問題になったことがあった。

しかし、少なくとも私は、バナナが差別を連想させるとは感じないし、多くの日本人もそうではないかと思う。

栄養もあり、おいしい食べ物であるバナナは、私の食生活の中では不可欠な存在となっている。


20170226.jpg

スポンサーサイト
20 : 18 : 42 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑



レビューブログ様からの情報に基づきまして、記事を書かせていただきました。

冷たい風が吹く冬ですが、ある意味、ファッションの花開く季節でもあります。
特に毛皮をうまく着こなせば、他の季節では楽しめないファッションを身にまとうことができるのです。
フォーマルなシーンであっても、また朝晩にかかわらず、ファーを着用できます。
この写真や動画をご覧になれば、ファー多様性はご理解いただけるに違いありません。

国際毛皮連盟は、グローバルキャンペーン「FUR NOW 2016」を展開しています。
「FUR NOW2016」では、グラマラス、トレンディー、カジュアル、スポーティーの4つのテーマごと、著名ブランドとコラボしたファーファッションが大胆に提案されています。
見ているだけでも豪華感が炸裂しています。
ファーの持つ可能性の大きさに、あらためて気がつきました。
国際毛皮連盟の「FUR NOW2016」は大きな話題を呼んでいます。



ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

15 : 44 : 21 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

10/14(金)

会社の帰りに歯科クリニックに行ってきた。

先週の続きで、下の歯のクリーニングをしていただいた。

お世話になっている歯科衛生士の女性は、年齢不詳である。

黒縁の大きなメガネをかけているところや、物おじしない接し方を見ていると、40歳近いかたかなと思うが、顔つきなどは20歳後半でも十分に通用する。

しかも、顔に皺が全くないのである。

まさか、衛生士の人に、「お幾つですか?」なんて尋ねるわけにもいかない。

今年の3月に初めて通院したときからの疑問である。

それはさておき、今日は、下の歯のクリーニングだけで治療は終わった。

約30分で、最後に支払った金額は800円。

ということは、3割負担なので、1時間換算で約5,000円の作業ということになる。

高いのか安いのかはわからない。

ちなみに、よく行く回転寿司のバイト募集ポスターでは、深夜の時給は1,150円となっていた。

もちろん、単純に横並びでは比較できる話ではない。

次回の検診は、4ヶ月後、つまり来年の2月である。

それまで、少なくとも、私の命は残しておきたい。

 
21 : 56 : 03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

5/17(日)

先日、電力会社からのメッセージが郵便受けに入っていた。

「メーターの検針に来たが、付近が木の葉で覆われていて、見ることができなかった。
刈っておいてください。」
という意味のことが書かれていた。

昼間は家が空っぽになっているので、検針担当者は、外から望遠鏡のようなものでメーターを覗きこんでいるらしい。

しかし、季節柄、枝や葉が勢いよく伸びてくると、メーターの部分が見えなくなってしまうのである。

それで、このメッセージとなったものだ。

そのメッセージはあらかじめ印字されていたところを見ると、わが家と同様のところは少なくないと思う。

早速、素人なりに、必要最小限の剪定をした。

しかし、次の検針のときに、また伸びてしまったら、意味がない。

とはいえ、先延ばししていたら、雨が続いて、剪定ができなくなる恐れもある。

デジタル時代にあって、こんなことで頭を痛めているのだから、まだまだ、私は遅れている。


20150517.jpg




18 : 53 : 48 | 未分類 | トラックバック(0) | page top↑

5/13(水)

明日、ある団体で役を受ける段取りになっており、その就任挨拶をしなければならない。

幹事役からは「簡潔にお願いします」と言われているので、定例文で行くつもりである。

念のために、その原稿の文章をパソコンで打っていたところ、ハタと止まってしまったところがある。

それは、
「・・・非力ではございますが・・・」
の部分の「非力」の漢字変換ができなかったのだ。

私は、”ひりょく”と打ちこんで変換しようとしたのだが、何回やってもうまく行かない。

まさかと思いつつ、”ひりき”で打ったら、機嫌よく漢字が出てきてくれた。

「非力」は”ひりき”と読むのがノーマルなのか。

ネットの幾つかの辞典を調べてみたら、やはりそのようだ。

”ひりょく”も、間違いではなく、許してもらえる範囲内とのこと。

これは驚いた。

いつ変わったのだろうか?

40年ほど前なら、”ひりょく”が標準であって、おちゃらけで一部の人が”ひりき”と読んでいたのではなかったか。

なお、「眼力」の場合、”がんりき”でも”がんりょく”でも、どちらでも、私は素直に受け入れられる。

ただ、もしかすると、30年後ぐらいには、「眼力」を”めぢから”と平気で読んでいるかもしれない。

日本語は難しい。


20 : 59 : 00 | 未分類 | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

声なき声

Author:声なき声
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Admax

忍者